雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【垂涎の1冊】〝和菓子のアン〟坂木 司―――人の温かさが滲み出るお仕事小説


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20210306224642p:plain



 

今回は、ほんわりしたお仕事小説「和菓子のアン」を紹介するぞ。

タイトルからして、美味しそうな作品ですね……。

読んでいるだけで、和菓子が無性に食べたくなってくるぞ。
もちろん、魅力はそれでけではない!

おお、とても惹かれる作品ですね。

概要

 

デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。謎めいたお客さんたちの言動に秘められた意外な真相とは?読めば思わず和菓子屋さんに走りたくなる、美味しいお仕事ミステリー。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 個性的なキャラクターばかり!

文   章   力  : とても読みやすい文章。スラスラ読めました。

テ   ー   マ    : 和菓子とアンの成長。

ト リ ッ ク : 和菓子とお仕事を上手に融合しています。

後   読   感  : とっても満足の一冊。お腹いっぱいです。

 

和菓子のお店で働くアンに待ち受ける受難の数々。
乗り越える度に、また和菓子が好きになること間違いなしだ!

 

感想

表紙からして、とっても美味しそうな1冊!

中身も口の中が涎でいっぱいになるくらい(きたない)美味しそうで、読み終えたときは胸がいっぱいなんです。そして、思わず和菓子を食べたくなるような1冊。(おまんじゅうを食べてしまいました)

和菓子屋のお仕事小説の体裁になっていて、ミステリ要素も含んでいます。これだけでも充分に面白そうなのに、更に登場人物たちは魅力に溢れていて、こんな小説がつまらない筈がない!

元ヤンの女子大生やケチで株にハマっている店長。そしてイケメンだけど中身が乙女な社員。そして、ぽっちゃり(?)系のアンちゃん。このメインの登場人物たちの会話だけでもう楽しくて楽しくて。読む手が止まりませんでした。

ミステリ要素も、しっかりと和菓子に基づいたもので描かれており、和菓子についての豆知識も知ることが出来て大変満足でした。そして、人間模様も巧みに描いていて、この小説自体は和菓子のように奥深いものになっていました。

続編もあるので、是非ともそちらも読んでみたい、と思った一冊でした。

 

読んでいて、無性に餡子が食べたくなってきました……。
そして和菓子って深いなぁと思わせてくれた作品でもありました。

 

こんな人におススメです

 

・お仕事小説を読みたい人。

・和菓子が好きな人。

・ちょっとしたミステリ要素を楽しみたい人。

・個性的なキャラたちが登場する作品を読みたい人。