雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【舞台はフランス】〝エデン〟近藤 史恵―――サクリファイスシリーズの第2弾


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20210306220958p:plain



 

今回は「サクリファイス」の続編である「エデン」を紹介するぞ。

確かロードレースのお話でしたっけ。

その通り。
ミステリはおまけ程度だが、とても良質な作品なんだ。

前作もかなり面白かったですからね。
今作も期待大です。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

概要

 

あれから三年―。白石誓は唯一の日本人選手として世界最高峰の舞台、ツール・ド・フランスに挑む。しかし、スポンサー獲得をめぐる駆け引きで監督と対立。競合チームの若きエースにまつわる黒い噂には動揺を隠せない。そして、友情が新たな惨劇を招く…。目指すゴールは「楽園」なのか?前作『サクリファイス』を上回る興奮と感動、熱い想いが疾走する3000kmの人間ドラマ。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 多くはないが、登場人物の殆どがカタカナなので覚え辛いかも?

文   章   力  : とても読みやすくて、あっという間に読めてしまう。

テ   ー   マ    : 劣等感や忠誠心。

ト リ ッ ク : 人間の感情を上手に利用していました。

後   読   感  : 主人公「チカ」の今後がとても気になります。

 

ツール・ド・フランスが舞台の作品。
3週間という過酷なレースの裏に潜む様々な思いが交差する作品だぞ。

 

感想

 

前作から3年後が舞台になっています。

舞台はフランスで、過酷な3週間のレースにチカが若手エースの「ミッコ」という選手のアシスタントに徹して挑む。

だけども、チームのスポンサーが撤退し、解散の危機。更には薬物疑惑が持ち上がってと、作品自体に緩急がついてハラハラドキドキの展開は相変わらずでした。

コースは3000㎞と大変過酷で、アルプス、ピレネーの山越えもある。そんなレースをどうやって攻略するか戦術や戦略を考えて、挑んでいく男たちは魅力充分でこの部分だけでも大分面白いです。

更に、国籍、人種、薬物といったスポーツに切っては切れない問題も描き、終盤は選手の謎の死について探っていくのも、大変面白かったです。

そして、チーム解散の節目に陥っているチカの心境も読みどころのひとつ。

ロードレースは奥が深いな、と思わせる作品でもありますし、読んでいて思わず応援したくなるような熱さを持った作品でした。

なんで文章は淡々としているのに、こんな躍動感があるんでしょうかね?

 

この真相はとても辛いですね……。
しかし、チカの選択は間違っていない。格好良かったです!

 

こんな人におススメです

 

・前作の「サクリファイス」を読んだ人。

・ロードレースに興味がある人。

・ミステリよりも人間関係の葛藤について読みたい人。

・あっという間に読み切りたい人。

 

www.snowman-bookshelf.com