雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【砂が散らばる家】〝ししりばの家〟澤村 伊智―――比嘉姉妹シリーズ第3弾!


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20210118215652p:plain



 

比嘉姉妹シリーズの第3弾!
「ししりばの家」を紹介していくぞ!

ホラー小説ですね……。なんか嫌な感じのタイトルですね。

今回は「琴子」がメインになっている作品だ。
彼女が挑むのは、自分が幼少期に体験した「家」で起きた怪異だ。

琴子の原点というべき物語なんですね……。

概要

 

おかしいのはこの家か、わたしか―夫の転勤に伴う東京生活に馴染めずにいた果歩は、幼馴染の平岩と再会する。家に招かれ、彼の妻や祖母と交流し癒される果歩だが、平岩邸はどこか変だった。さああという謎の音、部屋中に散る砂。しかし平岩は、異常はないと断ずる。一方、平岩邸を監視する1人の男。彼は昔この家に関わったせいで、脳を砂が侵食する感覚に悩まされていた。そんなある日、比嘉琴子という女が彼の元を訪れ…?(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 少な目で、覚えやすい。

文   章   力  : スイスイと読み進めることができます。

テ   ー   マ    : 過去との決別。

ト リ ッ ク : 怪異の特性を上手に取り入れたトリックでした。

後   読   感  : もやっとするような終わり方でしたが、それもまた良い。

 

新しい幽霊屋敷モノとして大いに楽しめたぞ。
「比嘉姉妹シリーズ」だが、琴子しか登場しないので、要注意だ!

 

感想

 

比嘉姉妹シリーズと紹介しておりますが、今回は妹の「真琴」は全く登場しません。登場するのは姉の「琴子」です。

暗く、陰鬱な性格だった「琴子」はどうして霊能者として自覚を持って活躍するようになったのか? という彼女のある種の原点が描かれおり、彼女が小学生の時に経験したとある〝幽霊屋敷〟で視たモノによって彼女は〝変わって〟しまう。

今作は、いわゆる〝幽霊屋敷〟を舞台にしています。

家の至る所に〝砂〟が散られ、積もっていても全く気にしない住人。

〝普通〟が歪曲されてしまって、自分たちの常識が通じなくなってしまった住人。

〝幽霊屋敷〟に憑りついている〝あるモノ〟によって住人が変化させられる物語は、どことなく《シャイニング》を彷彿とさせました。なので、サイコスリラー的な恐怖を味わえる作品となっています。でも、ちゃんとした理屈が通っているのもこのシリーズの特徴ですね。

「ウチはウチ。余所は余所」という言葉の不気味悪さを、如実に現しているようでした……

シリーズ毎にまったく違う恐怖を用意してくる手腕は見事です!

琴子と同じように幼少期に怪異に障ってしまった五十嵐君も立ち直れて良かったです。彼が母親に、告白して、自立を奮い立たせるシーンは読んでいるこちらも思わず「頑張れ」と応援したくなりました。

今後もこのシリーズ作品から目が離せません。

 

やっぱり最後は幽霊よりも「人」が怖いんですよね。
人間の奥に潜む闇を抉りだすようで、恐ろしいです……。

 

こんな人におススメです

 

・幽霊屋敷モノのホラー小説を読みたい人。

・比嘉姉妹シリーズを読んでいる人。

・サイコスリラーのような恐怖を味わい人。

・ミステリー要素があるホラー小説を読みたい人。