雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【骨に纏わる物語】〝白砂〟鏑木 蓮―――幼少期から潜む動機を探る


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20210113185058p:plain



 

今回は動機に重点を置くミステリ「白砂」を紹介していくぞ。

なんか表紙が素敵ですね。
美しくも儚いような感じが伝わってきます。

正にその通り。
この物語は今の言葉を如実に表しているといっても過言ではない。

それは期待が膨らみますね……。

概要

 

苦労して働きながら予備校に通う、二十歳の高村小夜が自宅アパートで殺害された。中年男性の目撃情報と大金が入金されていることから、援助交際との関わりが捜査線上に浮かぶ。「こんなにつましい暮らしぶりで真面目な彼女がなぜ?」違和感を抱いた下谷署の刑事・目黒一馬は別の角度から捜査を開始する。小夜の両親はすでに亡く、なぜか祖母は頑なに遺骨を受け取らない。鍵は小夜の故郷にあると見た目黒の執念が、運命に翻弄された女たちの人生を浮き彫りにしていく。最後にたどり着いた、死の裏にある驚愕の真実とは。切なさあふれるミステリー。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : やや多いかも? しかしキャラはちゃんと作り込まれている。

文   章   力  : 読みやすかったですが、少々独特な文章でした。

テ   ー   マ    : 愛する人たちの「形」。

ト リ ッ ク : 動機を探っていく物語です。

後   読   感  : 悲しい結末で、心に残る何かがありました。

 

善良な苦学生はどうして殺されなくてはいけなかったのか?
僅かな手掛かりから人の気持ちに寄り添って、被害者、加害者に迫っていくぞ。

 

感想

 

初読みの作家さんでした。

とても重たい内容にも関わらず、スイスイと読むことができました。

苦学生で努力家の女性はどうして殺されなくてはいけなかったのか?

現場から消えていた「遺骨」。だけども誰の遺骨かは全く分からない。更に彼女の親族も何か秘密が隠されているようです。

そうやって被害者の過去を洗って、地道に犯人に迫っていくのが醍醐味のひとつですね。

犯人が見つかって「はい、終わり」という訳ではないのが、この推理小説の面白いところ。動かぬ証拠を突き付けて、逮捕に至るのですが、犯人は中々自供しない。

主人公は、犯人の生まれ故郷から遡って調査をして、幼少期から抱えているトラウマを探り出していくのがとても見事でした。

「骨」がこの物語のひとつのキーワードになっているのは間違いなく、正に「骨まで愛して」という作中に出てくる歌詞にもぴったり。

そして、主人公の目黒警部にも好感を持つことができました。

彼がいたからこそ、事件をこういった結末にできたと思いますし、とても丁寧に「心に寄り添っていた」と思います。人の心理を大切にする素晴らしい刑事だと思いました。

しかし強面の刑事が人の気持ちを理解しようと、うんうん唸っているのは、どこかギャップがありますね(笑)

 

とても心優しい刑事が担当してくれてよかったです。
二人の刑事の軽快な会話もとても面白かったです。

 

こんな人におススメです

 

・「動機」について重きを置いている人。

・深い人間ドラマを読みたい人。

・愛情について考えさせられたい人。

・悲しい結末が待っている推理小説を読みたい人。