雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【2020年ランキング】2020年に読んだ本でおススメの本を紹介📖


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20210102120159p:plain

 

2020年は154、本を読みました。

その中で、私が選んだおススメの本を20冊紹介しようと思います。

 

ランキングについて

あくまでも私が選んだ小説のランキングになります。 

また、2020年に私が読んだ本なので、最近刊行された本がランキングされている訳ではありません。

過去に有名になっている作品も、もちろんランクインしている場合がありますので、この機に「ああ、こんな本もあったなぁ」と思い出して頂ければと思います。

また、過去に私がブログで紹介した小説も含んでおりますので、ご容赦下さい。

このランキングを見て、少しでも興味を持って、2021年に読んでみようかな、と思って頂ければ幸いです。

ここからは、たぬき探偵とにわとり助手に協力して貰います(^^)/

 

20位 まほり 高田 大介

「まほり」とは何か?蛇の目紋に秘められた忌まわしき因習。膨大な史料から浮かび上がる恐るべき真実。『図書館の魔女』の著者が描く、初の長編ミステリ!

まるで、学術書を読んでいるような重厚感溢れる本だ!

ミステリとホラーを掛け合わせたような作品です。
ぞくぞくとする恐怖を是非味わってみて下さい。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

19位 白夜行 東野 圭吾

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂―暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。

東野圭吾の代表作のひとつといっても過言ではない作品だ。
恥ずかしながらようやく最近読めたぞ・・・・・・

かなり分厚い作品になっていますから、読むときは気合を入れないとですね・・・・・・。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

18位 ナイルに死す アガサ・クリスティー

美貌の資産家リネットと新婚の夫のエジプト旅行には暗雲が垂れ込めていた。夫の元婚約者が銃を手につけ回してくるのだ。不穏な空気のなか、ナイル川をさかのぼる豪華客船上でついに悲劇が起きる。しかし、死体となって発見されたのは意外な人物だった…ポアロが暴く衝撃の真相とは?著者の代表作が新訳で登場。

アガサク・リスティーの傑作がランクイン!
豪華客船を舞台にした長編作品だぞ。

映画の予習の為に読んだのに延期になって、とても悲しいです・・・・・・。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

17位 四畳半タイムマシンブルース 森見 登美彦

炎熱地獄と化した真夏の京都で、学生アパートに唯一のエアコンが動かなくなった。妖怪のごとき悪友・小津が昨夜リモコンを水没させたのだ。残りの夏をどうやって過ごせというのか?「私」がひそかに想いを寄せるクールビューティ・明石さんと対策を協議しているとき、なんともモッサリした風貌の男子学生が現れた。なんと彼は25年後の未来からタイムマシンに乗ってやってきたという。そのとき「私」に天才的なひらめきが訪れた。このタイムマシンで昨日に戻って、壊れる前のリモコンを持ってくればいい!小津たちが昨日の世界を勝手気ままに改変するのを目の当たりにした「私」は、世界消滅の危機を予感する。『四畳半神話大系』と『サマータイムマシン・ブルース』が悪魔合体?小説家と劇作家の熱いコラボレーションが実現!

四畳半とサマータイムマシンがまさか、コラボするとは思わなかった・・・・・・
久しぶりにあのメンバーたちと会えて楽しかったぞ。

ハチャメチャな物語が四畳半のキャラと見事にマッチしてますね!
読んで楽しい気気分になるのは間違いなし!

 

www.snowman-bookshelf.com

 

16位 さまよう刃 東野 圭吾

長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。花火大会の帰りに、未成年の少年グループによって蹂躪された末の遺棄だった。謎の密告電話によって犯人を知った長峰は、突き動かされるように娘の復讐に乗り出した。犯人の一人を殺害し、さらに逃走する父親を、警察とマスコミが追う。正義とは何か。誰が犯人を裁くのか。世論を巻き込み、事件は予想外の結末を迎える―。重く哀しいテーマに挑んだ、心を揺さぶる傑作長編。

愛娘を殺された1人の男の復讐劇だ。涙なしには読めない男の葛藤が描かれているぞ。

ある意味読むのが辛い本でもありました・・・・・・
でも、読む手が止まらないんですよね・・・・・・。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

15位 本日は、お日柄もよく 原田 マハ

OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!目頭が熱くなるお仕事小説。

本読みとして、言葉には敏感だったつもりだが、改めて言葉の持つ「力」を認識させられた一冊だな。

言葉を生かすも殺すも自分次第。
そして、言葉によって人生を豊かにできるのも言葉次第ですね・・・・・・。

14位 震える牛 相場 英雄

警視庁捜査一課継続捜査班に勤務する田川信一は、発生から二年が経ち未解決となっている「中野駅前 居酒屋強盗殺人事件」の捜査を命じられる。当時の捜査本部は、殺害された二人に面識がなかったことなどから、犯人を「金目当ての不良外国人」に絞り込んでいた。しかし「メモ魔」の異名を持つ田川は関係者の証言を再度積み重ねることで、新たな容疑者をあぶり出す。事件には、大手ショッピングセンターの地方進出に伴う地元商店街の苦境、加工食品の安全が大きく関連していた。現代日本の矛盾を暴露した危険きわまりないミステリー。

社会派ミステリの傑作の1つだと思うぞ。食品偽装を扱った作品だ。

あまりページも多くなく、すいすいと読める作品になっていますよ。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

13位 罪の声 塩田 武士

京都でテーラーを営む曽根俊也。自宅で見つけた古いカセットテープを再生すると、幼いころの自分の声が。それは日本を震撼させた脅迫事件に使われた男児の声と、まったく同じものだった。一方、大日新聞の記者、阿久津英士も、この未解決事件を追い始め―。圧倒的リアリティで衝撃の「真実」を捉えた傑作。

現実に起きたグリコ森永事件をベースに描いた社会派ミステリ。
映画の出来栄えも抜群だったぞ!

凄いリアリティを持った小説でした。
実際の事件を小説に落とし込む力量が凄いです。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

12位 蛇棺葬・百蛇堂<怪談作家の語る話> 三津田 信三

幼い頃、引き取られた百巳家で蛇神を祀る奇習と怪異の只中に“私”は過ごす。成長した“私”は訳あって再びその地を訪れる。開かずの離れ“百蛇堂”での葬送百儀礼で何が起こるのか?もうひとつの怪異長編『百蛇堂 怪談作家の語る話』へと繋がるホラー&ミステリ長編。著者の創る謎と怪異の世界。全面改稿版。

かなり長い作品だったが、恐怖は計り知れないものがあるぞ。

なんて恐ろしい本なんだ・・・・・・。
体験談から広がっていく怪異はもはや止めることが出来ないんですね。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

11位 皇帝のかぎ煙草入れ ジョン・ディクスン・カー

フランスの避暑地に暮らす若い女性イヴは、婚約者トビイの父サー・モーリス殺害の容疑をかけられる。犯行時には現場に面した自宅の寝室にいた彼女だが、そこに前夫が忍びこんでいたせいで無実を主張できない。完璧な状況証拠も加わって、イヴは絶体絶命の窮地に追いこまれる―「このトリックには、さすがのわたしも脱帽する」と女王クリスティを驚嘆させた不朽の傑作長編。

カーの作品が新訳版となって登場!
300ページ前後でとても読みやすいぞ。

古典なのに、見事に騙されました!
これからも色んな古典を読んでいきたいです!

 

www.snowman-bookshelf.com

 

10位 ブルーローズは眠らない 市川 憂人

ジェリーフィッシュ事件後、閑職に回されたフラッグスタッフ署の刑事・マリアと漣。ふたりは不可能と言われた青いバラを同時期に作出したという、テニエル博士とクリーヴランド牧師を捜査することに。ところが両者と面談したのち、施錠されバラの蔓が壁と窓を覆った密室状態の温室の中で、切断された首が見つかり…。『ジェリーフィッシュは凍らない』に続くシリーズ第二弾!

前作の「ジェリーフィッシュ~」に続くシリーズ第2弾になっているぞ!

今度は「青いバラ」がテーマになっているんですね。
密室の謎も捻られていて面白いです!

 

www.snowman-bookshelf.com

 

9位 代償 伊岡 瞬

平凡な家庭で育った小学生の圭輔は、ある不幸な事故をきっかけに、遠縁で同学年の達也と暮らすことに。運命は一転、過酷な思春期を送った圭輔は、長じて弁護士となるが、逮捕された達也から依頼が舞い込む。「私は無実の罪で逮捕されました。どうか、お願いです。私の弁護をしていただけないでしょうか」。裁判を弄ぶ達也、巧妙に仕組まれた罠。追いつめられた圭輔は、この悪に対峙できるのか?衝撃と断罪のサスペンスミステリ。

タイトルの代償について深く考えさせられる一冊だ。
どうやったらこの悲劇を回避できたのか?

とても読んでいて嫌な気分になりました・・・・・・。
こんな嫌な人間がいるんですね・・・・・・。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

8位 犯罪者 太田 愛

白昼の駅前広場で4人が刺殺される通り魔事件が発生。犯人は逮捕されたが、ただひとり助かった青年・修司は搬送先の病院で奇妙な男から「逃げろ。あと10日生き延びれば助かる」と警告される。その直後、謎の暗殺者に襲撃される修司。なぜ自分は10日以内に殺されなければならないのか。はみだし刑事・相馬によって命を救われた修司は、相馬の友人で博覧強記の男・鑓水と3人で、暗殺者に追われながら事件の真相を追う。

まるで重厚な映画やドラマを観ているような傑作だ。

とても緊迫感が溢れる小説でした。
ドキドキ、ワクワクの連続で泣かせてもくる作品です。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

7位 サクリファイス 近藤 史恵

ぼくに与えられた使命、それは勝利のためにエースに尽くすこと―。陸上選手から自転車競技に転じた白石誓は、プロのロードレースチームに所属し、各地を転戦していた。そしてヨーロッパ遠征中、悲劇に遭遇する。アシストとしてのプライド、ライバルたちとの駆け引き。かつての恋人との再会、胸に刻印された死。青春小説とサスペンスが奇跡的な融合を遂げた!大藪春彦賞受賞作。

ロードレースを扱った作品だ。
ミステリ要素は薄めだが、多くのドラマがあるぞ。

とても読みやすい1冊でした。
スイスイとページが捲られてあっという間に読了です!

 

www.snowman-bookshelf.com

 

6位 最後の証人 柚月 裕子

検事を辞して弁護士に転身した佐方貞人のもとに殺人事件の弁護依頼が舞い込む。ホテルの密室で男女の痴情のもつれが引き起こした刺殺事件。現場の状況証拠などから被告人は有罪が濃厚とされていた。それにもかかわらず、佐方は弁護を引き受けた。「面白くなりそう」だから。佐方は法廷で若手敏腕検事・真生と対峙しながら事件の裏に隠された真相を手繰り寄せていく。やがて7年前に起きたある交通事故との関連が明らかになり…。

裁判ミステリ、といった趣の今作。
弁護士佐方のアッと驚く逆転劇が痛快だぞ!

検事から弁護士に転身した佐方シリーズの1作ですね。
他のシリーズもかなり面白いですよ!

 

www.snowman-bookshelf.com

 

5位 Another 2001 綾辻 行人

多くの犠牲者が出た1998年度の“災厄”から3年。春から夜見北中三年三組の一員となる生徒たちの中には、3年前の夏、見崎鳴と出会った少年・想の姿があった。“死者”がクラスにまぎれこむ“現象”に備えて、今年は特別な“対策”を講じる想たちだったが、ある出来事をきっかけに歯車が狂いはじめ、ついに惨劇の幕が開く!相次ぐ理不尽な“死”の恐怖、そして深まりゆく謎。“夜見山現象”史上最凶の“災厄”に、想と鳴はどう立ち向かうのか―!?

ようやく読めた待望の「Another」最新作!
800ページ越えもあっという間だったぞ。

全体に漂う雰囲気が恐ろしい・・・・・・。真相も驚愕の一冊でした。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

4位 戻り川心中 連城 三紀彦

大正歌壇の寵児・苑田岳葉。二度の心中未遂事件で、二人の女を死に迫いやり、その情死行を歌に遺して自害した天才歌人。岳葉が真に愛したのは?女たちを死なせてまで彼が求めたものとは?歌に秘められた男の野望と道連れにされる女の哀れを描く表題作は、日本推理作家協会賞受賞の不朽の名作。耽美と詩情―ミステリ史上に輝く、花にまつわる傑作五編。

大正時代を舞台にしている短編集。
とても美しい文章は魅了されること間違いなし!

情景が目に浮かぶようです。
まるで自分が小説の世界に迷い込んだような綺麗な世界を体験できます。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

3位 幻夏 太田 愛

毎日が黄金に輝いていた12歳の夏、少年は川辺の流木に奇妙な印を残して忽然と姿を消した。23年後、刑事となった相馬は、少女失踪事件の現場で同じ印を発見する。相馬の胸に消えた親友の言葉が蘇る。「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」あの夏、本当は何が起こっていたのか。今、何が起ころうとしているのか。人が犯した罪は、正しく裁かれ、正しく償われるのか?司法の信を問う傑作ミステリ。日本推理作家協会賞候補作。

冤罪をテーマにした一冊。
前作の「犯罪者」よりもスイスイと読めると思うぞ。

社会派ミステリとしてもかなり完成度の高い一冊ですね!
もう感動が止まりません!

 

www.snowman-bookshelf.com

 

2位 絶叫 葉真中 顕

マンションで孤独死体となって発見された女性の名は、鈴木陽子。刑事の綾乃は彼女の足跡を追うほどにその壮絶な半生を知る。平凡な人生を送るはずが、無縁社会、ブラック企業、そしてより深い闇の世界へ…。辿り着いた先に待ち受ける予測不能の真実とは!?ミステリー、社会派サスペンス、エンタテインメント。小説の魅力を存分に注ぎ込み、さらなる高みに到達した衝撃作!

社会派サスペンス
1人の女性の半生に圧倒されっ放しだぞ。

ページ数は多いのにあっという間に読める作品ですね。
そして、最後の衝撃には開いた口が塞がりませんでした。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

1位 medium 霊媒探偵城塚翡翠 相沢 沙呼

推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた―。

悩んだが、衝撃度でいえば一番この作品が強かったから1位にしたぞ!

確かにこんな大どんでん返しあるとは思いませんでした・・・・・・。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

最後に

 

あくまでも、私個人でのランキングになります。

2020年は「社会派ミステリ」をよく読んだ年になりました。あまり社会派は今まで読んできていなかったので、斬新であり、とは、いったもののまだまだ社会派を開拓しきれていないので、今後も社会派ミステリを読み漁っていきていと思います。

2021年は、海外ミステリを多く読んでいきたいと思っていますので、宜しくお願いします!

ここまで、読んで下さりありがとうございました。

f:id:KuraMystery:20190801195753p:plain