雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【何かが可怪しい】〝誰かの家〟三津田 信三―――6つの短篇恐怖小説集


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20201209221026p:plain



 

三津田信三のホラー短編集「誰かの家」を紹介するぞ。

出ましたね、お気に入りの「三津田信三」ですか。

その通り。
やっぱり、定期的にぞくぞくするようなホラー小説を読みたいじゃないか。

(ぼくは全然、そんなこと思いませんけどね)

概要

 

再会した中学時代の友人は、奇妙な話を語り出した。幽霊屋敷と噂の奇っ怪な邸宅。無人でも廃墟でもなく、時折人影や窓の明かりが目撃されるという。不良少年だった彼は悪友に唆かされ、半ば肝試しのように館に独り忍び込む(表題作)。日常の裂け目の奥底で戦慄が踊る、“身も心も総毛立つ”ホラー短篇小説集。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 短編集のため、登場人物はバラバラ。

文   章   力  : 相変わらずのゾッとするような文章。

テ   ー   マ    : 各作品ごとに違います。

後   読   感  : どれも、ゾゾゾとする短編集ばかり。

 

著者が集めた、という設定の短編集6つ。
どれも、ぞくぞくする短編集で、読んでいて飽きない!

 

感想

 

まったく三津田信三の短編小説は珠玉な作品ばかり。

いろんな短編集を書いている筈なのに、全く内容が被らないのは凄いです。ホラー小説って似たり寄ったりの恐怖体験が多いと、思っているのにこんなに引き出しがあるは、素直にびっくりです。

さて、今回は6編が収録されています。

・ついてくるもの……山のバンガローで出会った人たちと怪談話をすることになり、その中の1人が語るのは海で出会った美女との不可解な体験。

・あとあとさん……空想の友達「あとあとさん」。失敗事などを「あとあとさん」の所為にしていると、家の中で不可解な現象が起こって行く。

・ドールハウスの怪……蔵の中にあったドールハウスの人形たちは不可解な格好をしていた。そして、奇妙なことに所有者の家族構成が全く同じだった。

・湯治場の客……混浴風呂で出会ったのは離婚して、夫から逃げてきた女性。しかし、その女性近くには謎の声が付きまとっていた。

・御塚様参り……丑の刻参りをテーマにした作品。とある女性を呪うために田舎に帰った主人公が襲う恐怖体験。

・誰かの家……宗教施設のような家に空き巣に入った主人公。しかし、家の至る所には、謎の人形がシーツに包まれていた。

と、バラエティ溢れる作品ばかり。

個人的に好きだった話は、「ついてくるもの」と「ドールハウスの怪」でしょうか。

「本当にこんなことがあるのかも」、と思わせる表現力は相変わらずで、自らがこれらの物語を体験しているようでした。いろんな想像力が膨らむんですよね。

もっと、この作者の本を読みたいです。

 

どの話も恐ろしかったです……。
特に「なにか」に追いかけられるシーンはヤバい。

 

こんな人におススメです

 

・ホラー短編集を読みたい人。

・バラエティに富んだホラー小説を読みたい人。

・サクッと背筋が凍る短編集を読みたい人。

・三津田信三のファンの人。