雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【真賀田四季の原点】四季シリーズの紹介【森 博嗣】


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20201207202959p:plain


 

 

シリーズの特徴と順番

 この四季シリーズは「S&Mシリーズ」と「Vシリーズ」や他のシリーズに登場する「真賀田四季」を主人公とする作品になっています。

他シリーズからでも分かるように、真賀田四季はその卓越した頭脳とカリスマ性からある種、神格化されているといっても過言ではない存在になっています。

そんな天才は如何にして生まれたか?

どうやって育ってきたのか? などと、その原点を追っていくような物語になっています。

読む順番は、春→夏→秋→冬、と四季の成長過程が描かれているので、是非とも順番通りに読むことをおススメ致します。

 

www.snowman-bookshelf.com

 

www.snowman-bookshelf.com

 

このシリーズの特徴としては、以下の通りです。

 

・S&M、Vシリーズを読んだ人への本。

・真賀田四季という人物を深く知る。

・哲学書のようでもある。

・森ワールドの壮大な世界を垣間見る事ができる。

 

ひとつでも自分に興味がある項目があれば、是非とも読んでみては如何でしょうか?

 

シリーズの紹介

 

1.四季 春

 

天才科学者・真賀田四季。彼女は五歳になるまでに語学を、六歳には数学と物理をマスタ、一流のエンジニアになった。すべてを一瞬にして理解し、把握し、思考するその能力に人々は魅了される。あらゆる概念にとらわれぬ知性が遭遇した殺人事件は、彼女にどんな影響を与えたのか。圧倒的人気の四部作、第一弾。

   

四季の幼少時代を描いているぞ。
もう幼少期から頭角をメキメキと現しているな。

子供とはいえ、こんな人にあったら絶対に腰が引けてしまいます。
「生きている事が自由を奪う」……、真理かもしりませんね。

 

2.四季 夏

 

十三歳。四季はプリンストン大学でマスタの称号を得、MITで博士号も取得し真の天才と讃えられた。青い瞳に知性を湛えた美しい少女に成長した彼女は、叔父・新藤清二と出掛けた遊園地で何者かに誘拐される。彼女が望んだもの、望んだこととは?孤島の研究所で起こった殺人事件の真相が明かされる第二弾。

   

真賀田四季は13歳になって様々な博士号を取得する。
他のシリーズで語られていた両親殺しの顛末が明らかになるぞ。

遊園地の誘拐事件がとても興味深いですね。
そして、「すべてがFになる」に繋がっていくんですね……。

 

3.四季 秋

 

妃真加島で再び起きた殺人事件。その後、姿を消した四季を人は様々に噂した。現場に居合わせた西之園萌絵は、不在の四季の存在を、意識せずにはいられなかった…。犀川助教授が読み解いたメッセージに導かれ、二人は今一度、彼女との接触を試みる。四季の知られざる一面を鮮やかに描く、感動の第三弾。

   

「すべてがFになる」の後の話になっているぞ。
シリーズを通して、どんどん人間味を帯びていく姿は親近感が湧いてくるかもな。

遂に、S&MとVシリーズが合流しましたね。
ファンサービスが溢れる一冊にもなっていますね。

 

4.四季 冬

 

「それでも、人は、類型の中に夢を見ることが可能です」四季はそう言った。生も死も、時間という概念をも自らの中で解体し再構築し、新たな価値を与える彼女。超然とありつづけながら、成熟する天才の内面を、ある殺人事件を通して描く。作者の一つの到達点であり新たな作品世界の入口ともなる、四部作完結編。

   

とても難解な作品になったな。
時系列はぐっと進んで未来の話になっているぞ。

これから百年シリーズに繋がっていくんですね……。
様々な推測や憶測が溢れて、これからの森ワールドに期待大ですね。

 

最後に

もはや彼女には「天才」なんて安っぽい言葉を使いたくないですね。

この本は、S&MシリーズとVシリーズのキャラクターも登場すると共に、これからの森ワールドの壮大な世界を垣間見ることが出来ます。

真賀田四季という1人の人物がこの森ワールドを支えている、といっても過言ではありません。

そんな、森ワールドの柱でもある真賀田四季の原点を探る、今作を読んで更に森ワールドの理解を深めては如何でしょうか?

 

f:id:KuraMystery:20190801195753p:plain