雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【理系ミステリの元祖】S&Mシリーズの紹介【森 博嗣】


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20201125221751p:plain

 

シリーズの特徴と順番

 第1回メフィスト賞を受賞して、未だに根強い人気を誇っているのが、この「S&Mシリーズ」です。

いまや、著者の森博嗣が書く物語は「森ミステリィ」というひとつのジャンルが確立しています。それほど、森博嗣が描く物語は魅力的であり、特徴的であり、独特であり、中毒的なんです。

・理系とミステリの融合。

・哲学的な文章と物語。

・複数のシリーズ作品が同じ世界観を共有している。

以上の3つが主に、この著者が描く作品になってます。

世界観が同じという設定から、このシリーズは、順番通りに読むことを推奨します。

 

このシリーズの特徴としては、以下の通りです。

 

・メフィスト賞受賞作。

・理系とミステリの融合。

・森ミステリィというジャンル。

・世界観が繋がった作品集。

 

ひとつでも自分に興味がある項目があれば、是非とも読んでみては如何でしょうか?

 

シリーズの紹介

 

1.すべてがFになる

 

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場。

   

すべての森ミステリィの始まり。
原点にして頂点、と呼ぶ人も多い傑作ミステリだ。

ミステリ読みなら、必ず読んで欲しい一冊でもあります。
こんな魅力的な理系ミステリで哲学的な物語があったんです。

 

2.冷たい密室と博士たち

 

同僚の誘いで低温度実験室を訪ねた犀川助教授とお嬢様学生の西之園萌絵。だがその夜、衆人環視かつ密室状態の実験室の中で、男女二名の大学院生が死体となって発見された。被害者は、そして犯人は、どうやって中に入ったのか!?人気の師弟コンビが事件を推理し真相に迫るが…。究極の森ミステリィ第2弾。

   

冷たい密室、というタイトルからして魅力的。
命を賭したトリックの裏に隠れる事実に驚愕だ。

萌絵と犀川先生の二人の関係もこのシリーズでは重要な要素。
とても作り込まれた物語には、溜息しか出ません。

 

3.笑わない数学者

 

偉大な数学者、天王寺翔蔵博士の住む「三ツ星館」。そこで開かれたパーティの席上、博士は庭にある大きなオリオン像を消してみせた。一夜あけて、再びオリオン像が現れた時、2つの死体が発見され…。犀川助教授と西之園萌絵の理系師弟コンビが館の謎と殺人事件の真相を探る。超絶の森ミステリィ第3弾。

   

奇妙な館で起こる殺人事件。
しかし森ミステリィでは一筋縄ではいかない。普通の館ミステリとは全く違うぞ。

オリオン像のトリックや入れ替わりトリック……。
とても魅力的な謎に夢中になりっぱなし! これは癖になる面白さです。

 

4.詩的私的ジャック

 

大学施設で女子大生が連続して殺された。現場は密室状態で死体には文字状の傷が残されていた。捜査線上に浮かんだのはロック歌手の結城稔。被害者と面識があった上、事件と彼の歌詞が似ていたのだ。N大学工学部助教授・犀川創平とお嬢様学生・西之園萌絵が、明敏な知性を駆使して事件の構造を解体する。

   

今回は恋愛要素が強めの一冊だぞ。
犀川先生と西之園萌絵との関係が一気に縮むかも?

大学で起こる密室殺人事件も、かなり面白い。
犀川先生の人物が掘り下げれる貴重な一冊です。

 

5.封印再度

 

50年前、日本画家・香山風采は息子・林水に家宝「天地の瓢」と「無我の匣」を残して密室の中で謎の死をとげた。不思議な言い伝えのある家宝と風采の死の秘密は、現在にいたるまで誰にも解かれていない。そして今度は、林水が死体となって発見された。二つの死と家宝の謎に人気の犀川・西之園コンビが迫る。

   

タイトルが秀逸。「封印再度」とサブタイトルの「who inside」
物語を如実に表している。こういうオシャレな一面も森ミステリィのひとつ。

またもや密室殺人事件! このシリーズは密室が多いですね……。
密室の謎も分かりやすくて、とても楽しめました。

 

6.幻惑の死と使途

 

「諸君が、一度でも私の名を呼べば、どんな密室からも抜け出してみせよう」いかなる状況からも奇跡の脱出を果たす天才奇術師・有里匠幻が衆人環視のショーの最中に殺された。しかも遺体は、霊柩車から消失。これは匠幻最後の脱出か?幾重にも重なる謎に秘められた真実を犀川・西之園の理系師弟が解明する。

   

衆人環視の中で殺される、マジシャンの謎。
そしてその遺体は霊柩車から消失してしまうのだ……。

これは次回作の「夏のレプリカ」の姉妹作でもあるんですよね。
次々と不可解な出来事が起こっていくので、全然飽きることがないです。

 

7.夏のレプリカ

 

T大学大学院生の簑沢杜萌は、夏休みに帰省した実家で仮面の誘拐者に捕らえられた。杜萌も別の場所に拉致されていた家族も無事だったが、実家にいたはずの兄だけが、どこかへ消えてしまった。眩い光、朦朧とする意識、夏の日に起こった事件に隠された過去とは?『幻惑の死と使途』と同時期に起った事件を描く。

   

前作の「幻惑の死と使途」と間を置かずに読むことを勧めるぞ。
その方がよりこの作品を楽しめること間違いなしだ。

極端にS&Mシリーズキャラクターの登場が少ないですね。
萌絵が真相に気が付くシーンは感動的でもあったし、悲しくもありました。

 

8.今はもうない

 

避暑地にある別荘で、美人姉妹が隣り合わせた部屋で一人ずつ死体となって発見された。二つの部屋は、映写室と鑑賞室で、いずれも密室状態。遺体が発見されたときスクリーンには、まだ映画が…。おりしも嵐が襲い、電話さえ通じなくなる。S&Mシリーズナンバーワンに挙げる声も多い清冽な森ミステリィ。

   

このシリーズで1、2位を争うくらい評価を受けている作品だぞ。
衝撃の結末に驚くこと間違いなしの傑作だぞ。

とても大掛かりな仕掛けが施されていますね……。
色んな「仮説」や「法則」が登場して推理するのが面白いです。

 

9.数奇にして模型

 

模型交換会会場の公会堂でモデル女性の死体が発見された。死体の首は切断されており、発見された部屋は密室状態。同じ密室内で昏倒していた大学院生・寺林高司に嫌疑がかけられたが、彼は同じ頃にM工業大で起こった女子大学院生密室殺人の容疑者でもあった。複雑に絡まった謎に犀川・西之園師弟が挑む。

   

不可解な密室で発見された女性の謎を追う今作。
ちなみにタイトルは「好きにしてOK」から来ているらしいぞ。

今作は、男性が大活躍する話です。
事件に積極的に関わることがない犀川先生が犯人と格闘までするとは……。

 

10.有限と微小のパン

 

日本最大のソフトメーカが経営するテーマパークを訪れた西之園萌絵と友人・牧野洋子、反町愛。パークでは過去に「シードラゴン事件」と呼ばれる死体消失事件があったという。萌絵たちを待ち受ける新たな事件、そして謎。核心に存在する、偉大な知性の正体は…。S&Mシリーズの金字塔となる傑作長編。

   

ずっと存在が示唆されていた「真賀田四季」が満を持して登場だ。
集大成ということもあって、色んなキャラクターが登場するぞ。

キャラクターたちの会話だけでも面白いんですよね。
ついに犀川先生と真賀田四季の決着がつくのでしょうか?

 

最後に

 森ミステリィは哲学的であり読んでいて頭に「?」が付くことも度々あります。

でも、面白いんですよね。

すべてを理解する必要はないんです。雰囲気を楽しみ、文章を楽しむ。楽しんだもん勝ちです。それに時間が経ってから、再読すると理解できる箇所も増えてきて、二度面白いんです。

読めば読む程、時間が経って再読すると、味が出る作品なんです。名作は色褪せることがない、と身をもって味わえる作品になっています。

こんなにも愛されたシリーズ作品は私は知りません。ハマれば、かなりハマれる作品となっていますので、是非とも読んでみて下さい。

f:id:KuraMystery:20190801195753p:plain