雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【死神とイケメン刑事】〝皇帝と拳銃と〟倉知 淳―――新たな倒叙ミステリの誕生


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20201107184919p:plain





 

今回は犯人視点の推理小説「皇帝と拳銃と」を紹介するぞ。

たしか、倒叙ミステリと呼ばれる作品でしたよね。

その通りだ。
どうやって警察を出し抜くか、ハラハラドキドキの展開が楽しめるぞ。

思わず犯人を応援したくなっちゃうんですとね。

概要

 

私の誇りを傷つけるなど、万死に値する愚挙である。絶対に許してはいけない。学内で“皇帝”と称される稲見主任教授は、来年に副学長選挙を控え、恐喝者の排除を決意し実行に移す。犯行計画は完璧なはずだった。そう確信していた。あの男が現れるまでは。―倉知淳初の倒叙ミステリ・シリーズ、全四編を収録。“刑事コロンボ”の衣鉢を継ぐ警察官探偵が、またひとり誕生する。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : メインは2名のみ。死神の風貌と雰囲気を持つ死神と2枚目刑事。

文   章   力  : 読みやすく、練られた文章。

テ   ー   マ    : 章によって異なる。

ト リ ッ ク : 犯人が考え抜いたトリックはどれも逸材。

後   読   感  : また続編が読みたくなる作品でした。

 

倉知淳が書く正統派の倒叙ミステリ!
緊迫した警察対犯人の駆け引きはどれも読み応え抜群だぞ。

 

感想

 

正統派の倒叙ミステリ。

死神みたいな風貌と雰囲気を持つ乙姫警部とその部下である2枚目のまるで俳優のような容姿を持つイケメンの鈴木刑事。

この二人の活躍を描いた短編集です。といってもこの二人はあくまで「敵役」。

倒叙ミステリの主役は何といっても「犯人役」ですから。

全4編の物語が収録されていますが、どの物語も「犯人たち」が知力を結集させて起こした犯罪はどれも難問ばかり。中には「これ解決できるの?」と疑ってしまうようなトリックも。

だけども、乙姫警部は小さな綻びから違和感や矛盾を掘り出して、小さな穴からダムが決壊するように、謎を穿つ。

こういった詰将棋のような推理に興奮しっ放しですね。

犯人や私達読者が気づきもしなかった矛盾ひとつから犯人を導き出していくのは倒叙ミステリの醍醐味ですよね。

個人的には、咄嗟に殺してしまった叔父を偽装工作して容疑者外に逃げる「恋人たちの汀」が好きです。他の三編もクオリティが高く、どれも面白いです。

 

どの物語も集中して読めば読む程面白い。
二人のコンビが良い味を出していますね。

 

こんな人におススメです

 

・倒叙ミステリを読みたい人。

・濃密な短編小説を読みたい人。

・死神刑事の活躍を読みたい人。

・徐々に追い詰められていく緊迫感を味わいたい人。