雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【まさかのコラボ】〝四畳半タイムマシンブルース〟森見 登美彦―――四畳半神話大系の正統続編!


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20201107183851p:plain





 

今回は「四畳半タイムマシンブルース」を紹介していくぞ。

あれ。
今回は推理小説でも、ホラー小説でもないんですね。

そうだな。今回は青春ファンタジー小説といったところかな。
かなり愉快な物語に没頭できるぞ。

たまには、頭を空っぽにして楽しむのも良いですね。

概要

 

炎熱地獄と化した真夏の京都で、学生アパートに唯一のエアコンが動かなくなった。妖怪のごとき悪友・小津が昨夜リモコンを水没させたのだ。残りの夏をどうやって過ごせというのか?「私」がひそかに想いを寄せるクールビューティ・明石さんと対策を協議しているとき、なんともモッサリした風貌の男子学生が現れた。なんと彼は25年後の未来からタイムマシンに乗ってやってきたという。そのとき「私」に天才的なひらめきが訪れた。このタイムマシンで昨日に戻って、壊れる前のリモコンを持ってくればいい!小津たちが昨日の世界を勝手気ままに改変するのを目の当たりにした「私」は、世界消滅の危機を予感する。『四畳半神話大系』と『サマータイムマシン・ブルース』が悪魔合体?小説家と劇作家の熱いコラボレーションが実現!(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : もう全員が愛しい。特に「私」と小津の掛け合いが最高。

文   章   力  : こんな文章を書けるのは森見登美彦しかいない!

テ   ー   マ    : タイムトラベル。

後   読   感  : 大満足でした。久しぶりに彼らに合えてとても嬉しい。

 

四畳半神話大系の正統な続編だ。
ひとつのリモコンをめぐって、彼らのハチャメチャな活躍が読めるぞ!

 

感想

 

久しぶりに、四畳半のメンバーたちに合えて大満足の1冊でした。

今作は、映画「サマータイムマシン・ブルース」と小説「四畳半神話大系」の合体コラボ。面白くない、なんてことはありえません。もちろん「サマータイムマシン・ブルース」を観ていなくても充分に楽しめる作品になっています。

もうキャラクターたちが登場する度に嬉しくなってしまいました。魅力的な人物たちが会話するだけで、にやにやと笑ってしまいます。

それというもの、やっぱり独特の文章が、この著者の特徴。この文章があってこそ、キャラクターたちが活きる。そして、物語を何倍も面白くしてくれるんです。

主人公の「私」と小津の掛け合いは相変わらず愉快ですし、「私」が思いを寄せる明石さんはとても可愛らしい。頑張れ!「私」! と心の中で何度応援したことか。

物語はタイトルから察することが出来る通り、「タイムマシン」が絡みます。

灼熱地獄の四畳半になってしまったのは、コーラによって水没したエアコンのリモコンが原因。

このエアコンのリモコンを「昨日」から取り戻そうとして、歴史を改変するのは不味い! と思い至って、歴史を本来の姿に戻そうと翻弄するのが今作の物語です。大筋は「サマータイムマシン・ブルース」とそっくりですが、やはり「四畳半」。彼らが物語をより一層彩ってくれます。

タイムトラベルのものとしても、充分に面白いですが、私としてはやはり恋愛要素にも是非とも注目して欲しいですね。

明石さんというクールであるけれど、ネジが一本飛んでしまっている魅力的な女性をどうやって「私」がデートに誘うのか……。ここも大きな読みどころのひとつです!

また、「四畳半」の続編が出てくれないか、と密かに願います。

 

こんなに愉快な物語があるなんて驚きです。
もっと森見ワールドに浸っていたかったです……。

 

こんな人におススメです

 

・四畳半神話大系が好きな人。

・サマータイムマシン・ブルースが好きな人。

・京都が舞台な愉快な物語を楽しみたい人。

・タイムトラベル作品が好きな人。