雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【VRで不思議な世界へ】〝アリス・ザ・ワンダーキラー: 少女探偵殺人事件〟早坂 吝―――世界観を生かした短編集


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200909220847p:plain





 

たぬき。

お、これまた可愛い女の子が表紙になっていますね。

表紙に騙されてはいかんよ。
物語は「不思議な国」をモチーフにしているが、きわどい描写もあるからな。

まさか、ハートの女王の「首をお跳ねっ」があるんでしょうか……。

概要

 

十歳の誕生日を迎えたアリスは、父親から「極上の謎」をプレゼントされた。それは、ウサ耳形ヘッドギア“ホワイトラビット”を着けて、『不思議の国のアリス』の仮想空間で謎を解くこと。待ち受けるのは五つの問い、制限時間は二十四時間。父親のような名探偵になりたいアリスは、コーモラント・イーグレットという青年に導かれ、このゲームに挑むのだが―。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 不思議の国の住人がいっぱい。

文   章   力  : ライトな書き口。好き嫌いは別れるかも。

テ   ー   マ    : 本当の自分を見つける物語。

ト リ ッ ク : 仕込みに仕込んだ伏線に驚き。

後   読   感  : 伏線の回収は見事でした。彼の他の作品も楽しみです。

 

10歳の誕生日に贈られたVRゲーム。
このVRの世界を舞台に5つの「極上の謎」を解いていくぞ。

 

感想

 

ミステリ小説って「不思議の国のアリス」をテーマにしている作品が多いですが、この作品もそんな一冊。

主人公の名前も「アリス」と一致していますが、「不思議の国」に迷い込む方法が、VRというのが現代っぽいですね。

物語は連作短編集となっていて、どの話も「不思議の国」をイメージした謎ばかりです。

ひとつめは、大きくなったり、小さくなったりして、密室からの脱出。

ふたつめは、胡椒が大量に飛び交う家で起きた誘拐事件。

みっつめは、お茶会で起きた「暗号」をテーマにした殺人事件。

よっつめは、ハンプティダンプティの転落事故の真相を解く。

最後は、白兎との鬼ごっこだったのだが……?

どの話も、トリックはよく練られており、論理的に消去法で犯人を指摘するのは本格ミステリとして、とても楽しめました。

不思議の国の登場人物との会話も、この作品の魅力のひとつです。

ピントが外れたような会話や、小馬鹿にしたような会話。どれも不思議の国ならではで、会話も楽しめました。

そして、最後の最後での伏線回収は圧巻の一言。

全く関係のない今までの短編が実は「共通」していたとは、誰が予想出来たでしょうか? 物語を綺麗に収束していく手腕は見事でした。

この調子で、今後の本格ミステリの業界を盛り上げていってほしいです。

 

主人公の「アリス」は格好良いし、可愛い!
名探偵を目指す彼女は是非とも、父親のような立派な探偵になって欲しいです。

 

こんな人におススメです

 

・不思議の国をモチーフにしている作品を読みたい人。

・5つのサクっと読める短編集を読みたい人。

・最後の伏線回収に驚愕したい人。

・VRを利用したトリックを読みたい人。