雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【閉じ込めれた少女たち】〝〔少女庭国〕〟矢部 嵩―――哲学書を読んでいるような問題作


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200830172544p:plain





 

今回は〔少女庭国〕という一風変わった小説を紹介するぞ。

少女庭国、ですか……。
なんか甘い響きがする作品ですね。

そんな事を言っていられるのは、今の内だぞ……。

そ、そんなにヤバい作品なんですか……。

概要

 

卒業式会場に向かっていた中3の羊歯子は、気づくと暗い部屋で目覚めた。隣に続くドアには貼り紙が。“下記の通り卒業試験を実施する。ドアの開けられた部屋の数をnとし死んだ卒業生の人数をmとする時、n-m=1とせよ”。ドアを開けると同じく寝ていた女生徒が目覚め、やがて人数は13人に。不条理な試験に、彼女たちは…。中3女子は無限に目覚め、中3女子は無限に増えてゆく。これは、女子だけの果てしない物語。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 多すぎて覚える必要まではないですね。

文   章   力  : とても特徴的な文章。慣れれば平気です。

テ   ー   マ    : 実験動物をどこかイメージさせれました。

ト リ ッ ク : デスゲーム系かと思ったら大間違い! トリックなんてない。

後   読   感  : 薄い作品なのにドッと疲れたました……。

 

かなり特殊な小説といえる作品。
読む前はそうとうな覚悟をして読み始めるのをおススメするぞ。

 

感想

 

久しぶりに、小説を読むのを中断しようか迷った作品でした。

何もない部屋に閉じ込められた卒業間近の女子中生。そこから13人の女子たちが脱出を図る……。デスゲーム系かな? と思って購入しましたが、これが大きな誤り(嬉しい誤算?)でした。

この小説は下記の卒業試験に集約されます。

「ドアの開けられた部屋の数をnとし死んだ卒業生の人数をmとする時、n-m=1とせよ」

ん? どういうこと? と混乱しますね。

まず状況は以下のようになっています。

・何もない石の部屋に閉じ込められる。

・前方の扉は開くことができる。

・後方の扉は開くことができない。

・前方の扉を開くと、その部屋にいる女子中学生が覚醒する。

つまり、先程の公式に当て嵌めると……。

ドアを開けた部屋が3つなら、卒業生が2人死ねば開放される、ということ。

この問題を理解しないで、ドアを開け続ければそれだけ死ぬ生徒は増える。しかも救われる人数は1人だけ。

更におそろしい事に、このドアに終わりがないのです。幾ら開けても開けてもずっと部屋は続いている。だからゴールはあの卒業試験のみ。

こんな状況下で、少女たちはどんな行動を取るか?

終着点があると信じ、どんどん進んで、集団で殺し合い。

ドアをひとつしか開けずに、2人で殺し合い。

出口を求めて、石の部屋を掘り進めていく。

卒業を捨てて、女子中生を食料として、生き続ける。

石の部屋で文明を発展させて、この部屋で死んでいくことを望む。

……そういった色んな様々な「可能性」をこの小説で語ります。とても重たい小説でもありました。

まるで、少女たちが苦しんで何もない石の部屋を進んでいくように、私自身もとても苦しかったです。頭がおかしくなるような感覚が確かにありました。

 

人を選ぶような小説だと思います。
軽々しい気持ちで読み始めたら、手痛いしっぺ返しを貰うかもしれません……。

 

こんな人におススメです

 

・かなり特殊なSF作品を読みたい人。

・女子中学達がたくさん登場する作品を読みたい人。

・グロイ描写が平気な人

・特殊な経緯で発展する文明の経過を読みたい人。