雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【読み進めるのが辛い一冊】〝代償〟伊岡 瞬―――弁護士の主人公と犯罪者の遠縁


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200726201619p:plain





 

胸糞悪くなる一冊といえば、これ「代償」だ。

胸糞悪い作品を堂々と紹介するとは……。

しかし、それ以上に続きが気になる作品だ。
辛くなって本を置くけど、気が付けばまたページを捲ってしまうんだ。

そういった魔力が宿った一冊なんでしょうね。

概要

 

平凡な家庭で育った小学生の圭輔は、ある不幸な事故をきっかけに、遠縁で同学年の達也と暮らすことに。運命は一転、過酷な思春期を送った圭輔は、長じて弁護士となるが、逮捕された達也から依頼が舞い込む。「私は無実の罪で逮捕されました。どうか、お願いです。私の弁護をしていただけないでしょうか」。裁判を弄ぶ達也、巧妙に仕組まれた罠。追いつめられた圭輔は、この悪に対峙できるのか?衝撃と断罪のサスペンスミステリ。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 主人公の圭輔が不憫で仕方ない。達也の悪が際立つ。

文   章   力  : とても読みやすい作品でした。

テ   ー   マ    : 人の心は操れるのか? 打ち勝つ事は出来るのか?

ト リ ッ ク : 圭輔の胸の内を掻き乱す達也の手腕は悪魔的でした。

後   読   感  : 溜飲が下がり切った、とはいえないけれど、光が見えて良かった。

 

主人公の圭輔が不憫で、読み進めるのが辛い作品。
しかし、文章自体はとても読みやすいので、あっという間に読み終えるぞ。

 

感想

 

悲惨、という言葉だけでは、到底表現しきれない圭輔の半生。

第一部は圭輔の少年時代が描かれるのですが、目を覆いたくなるようで凄惨極まりない。

遠縁の達也からの嫌がらせは、正に巧妙。

不快感が常に伴い、これといった証拠がない。紙幣が盗まれても証拠を残さない。本当に小学生か? とある意味感心します。

成長するにつれ、彼の狡猾さも更に成長しているよう。

自分が扇動している癖に、「みんな、やめろよ」と一度は止める側に回るのはとても卑怯。まるでドラえもんのスネ夫のようだと思いましたが、スネ夫とは比べ物にならない。どんどんと巨悪として成長していく姿は、恐怖すら覚える。

第二部になり、大人になって成長した圭輔と達也ですが、根っこは変わらない。

弁護士に向いてない、と揶揄されながらも必死に自分の仕事に向き合う彼には好感が持てます。

そして、達也は手が付けらない「悪」へと変貌していました。

圭輔を自分の手の平で遊ぶのを至上の悦びにしている節すらあり、彼の一挙手一投足にいちいちびくびくする圭輔が不憫でならず、読者(自分)も一体どんあ悪事や嫌がらせを考えているんだろう、と恐怖します。

こうやって人を痛め付けることに、快楽を見出す人間も確かに存在するのだろう。

タイトルの「代償」の意味について深く考えさせられる。

作中では達也が犯した犯罪行為が「代償」とされていますが、この「代償」は主人公の圭輔にも置き換えることが出来るのではないでしょうか。

少年時代に、勇気をもって達也の悪業を摘発していれば。拒絶していれば。もっと人の助けを頼っていれば。

そんな何もしてこなかった圭輔に大きな巨悪となって成長した達也が目の前に立ちはだかるのも一つの「代償」なのではないでしょうか。

 

こ、こんな恐ろしい人間がいるなんて……。
どうやったらこんな人間が生まれるんでしょうか……。

 

こんな人におススメです

 

・サスペンスミステリを読みたい人。

・胸糞悪く、嫌悪感を伴う作品を読みたい人。

・苦しめられ続けた主人公の半生を読みたい人。

・人の心を掌握する犯罪者を知りたい人。