雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【5つの幽霊屋敷】〝どこの家にも怖いものはいる〟三津田 信三―――幽霊屋敷の怪異と謎の共通点


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200701145827p:plain





 

今回は三津田信三の「幽霊屋敷シリーズ」を紹介するぞ。

ゆ、幽霊屋敷ですか……。しかもシリーズものとは……。

今作品も作者が物語に登場するケースで、「実際に起こったのか?」と錯覚してしまう。
恐怖倍増の物語だ。

わざわざ、恐怖を煽ってきますね……。

概要

 

三間坂という編集者と出会い、同じ怪談好きとして意気投合する作家の三津田。その縁で彼の実家の蔵から発見された「家」に関するいくつかの記述を読むことになる。だが、その五つの幽霊屋敷話は、人物、時代、内容などバラバラなはずなのに、奇妙な共通点が…。しかも、この話を読んだ者の「家」には、それが訪れるかもしれないらしい。最凶の「幽霊屋敷」怪談!(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : メインの登場人物は2人だけので覚えやすい。

文   章   力  : 相変わらず恐怖を煽る文章で安心(?)です。

テ   ー   マ    : 幽霊屋敷がテーマの作品です。

ト リ ッ ク : えっ、と思わず声を出していました。こんな仕掛けを施していたとは。

後   読   感  : 背筋にぞくぞくっと立つような終わり方でした。

 

幽霊屋敷シリーズの第1弾!
古い蔵で見つかった記録を読む内に怪異に遭遇していき、隠された真相に辿り着く。

 

感想

 

このシリーズ作品の大きな特徴のひとつは、作者自身が物語に登場するという事。

主人公の三津田信三は、ホラー作家として生計を立てており、作中でも締切に追われていたりと、実に現実的。だからこそ、この小説が現実感溢れるモノになっているのでしょうが……。

そんな彼の飲み友達(編集者)が三間坂。

彼の実家の蔵には祖父が蒐集していた怪異譚が眠っており、そこには「5つの家」に関する記録が残っていたのです。

これも、このシリーズの特徴のひとつで、蔵から見つかる怪異譚を読み進めるという事。そのため、語り手も違うし、記録もまちまち。そこがまた妙に説得力があるというか現実味があるんですよね……。

そうして、5つの家に関する記録を読むのですが、そのどれもが恐ろしい。

一番好き(怖かった)話は「光子の家を訪ねて」でした。

主人公の度胸には感服するというか、怖いもの見たさでどんどんページを捲る。やめとけやめとけ、と念じていました。

意味不明な不可解さ、胸の奥にずず、と溜まるような不気味さが中毒的です。

これって実話なのでは……、と疑いたくなるような作り込みと、謎が収束していくような物語は、相変わらず流石でした。

読み終わった後、恐ろしい目に会いませんようにと心の中でお願いしている自分がいました。

 

家に住めなくなるんじゃないか、と思わせるような作品でした。
最後の最後に回収する謎が、見事と同時に恐ろしいです……。

 

こんな人におススメです

 

・幽霊屋敷に関するホラー小説を読みたい人。

・連作短編集を読みたい人。

・ミステリ要素が含まれたホラー小説を読みたい人。

・小野不由美の残穢が好きな人。