雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【殺人?自殺?幽霊?】〝ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子〟内藤 了―――自分が行った手口で死ぬ殺人者


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200606175446p:plain





 

ドラマ化もした作品「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」を紹介するぞ。

「猟奇」って絶対にグロイ作品ですよね……。

その通り。その手の作品に抵抗がない人にしか勧められないな。

そんなにグロイ作品なんですか……。

概要

 

奇妙で凄惨な自死事件が続いた。被害者たちは、かつて自分が行った殺人と同じ手口で命を絶っていく。誰かが彼らを遠隔操作して、自殺に見せかけて殺しているのか?新人刑事の藤堂比奈子らは事件を追うが、捜査の途中でなぜか自死事件の画像がネットに流出してしまう。やがて浮かび上がる未解決の幼女惨殺事件。いったい犯人の目的とは? 第21回日本ホラー小説大賞読者賞に輝く新しいタイプのホラーミステリ!(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 多くはない。特徴ある人物ばかりで分かりやすかったです。

文   章   力  : 軽くて読みやすい。

テ   ー   マ    : 脳やトラウマ。

ト リ ッ ク : あまり読んだことない、斬新なトリックでした。

後   読   感  : 続編もあるので、読んでみたいです。

 

かつて自分が行った手口で次々と死んでいく殺人者。
誰かに殺されたのか? それとも自殺? それとも殺された人の怨念なのか?

 

感想

 

ミステリ要素4、猟奇要素4、ホラー要素2、ぐらいに感じた作品でした。

文章が軽いタッチなのと、登場人物たちが特徴的で親しみ易い。

グロイシーンはグロく。明るいシーンは明るく。きっぱり別れていたのですいすいと読み進めることが出来ました。

しかし、この作品は女性に勧め辛いなぁ、と思いました。グロイ上に強姦殺人だったりと。この手の作品に耐性がないと、ちょっと勧められないですね(汗)

不可解な状況で死んでいく過去に犯罪を犯した人たち。

絶対に自殺では在り得ない筈なのに、誰も殺人者がいない。

例えば、自分の心臓を3回も刺して死ぬ。この男は過去に子供3人を包丁で刺して殺害していた。

刑務所でその男は監視カメラの元、壁に何度も頭を打ち付けて死んだ。この男もまた同じような殺害方で祖母を殺害していた。

他にも色々ありますがちょっとグロイので、これくらいで(汗)

脳には自己防衛機能があるので、こんな風に自分を痛めつけて自殺することは出来ない筈、というのが医者の見解。

一体、彼らは本当に自殺なのか? それとも殺人? いいや、怨念によって呪殺されたのか?

これらの事件の真相とは一体。

七味唐辛子が好物の新米刑事「藤堂比奈子」が猟奇殺人事件に挑む!

 

猟奇殺人って、読むこっちまで気分が悪くなりますね……。
しかし、トリックは斬新的な作品でした。

 

こんな人におススメです

 

・猟奇ホラー小説が好きな人。

・ドラマを観た人。

・新しいタイプのホラーミステリを読みたい人。

・グロイ作品の耐性がある人。