雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【放浪探偵】信濃譲二シリーズの紹介【歌野晶午】


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200609193718p:plain


 

 

シリーズの特徴と順番

歌野晶午のデビュー作品がこの「信濃譲二シリーズ」の第1作品目「長い家の殺人」です。

歌野晶午といえば、「葉桜の季節に君を想うということ 」が有名ではありますが、この「信濃譲二シリーズ」も充分に面白い作品なんです。

 

新本格推理小説の形がしっかりある作風。

奇想天外なトリック。

魅力的な探偵。

若者たちが巻き込まれる凄惨な殺人事件。

新本格が好きな方なら垂涎の推理小説といっても過言ではないでしょう。

 

さて、探偵役の信濃譲二ですが、彼は「放浪探偵」の異名通り、ふらふらと神出鬼没でありながら、ラフな服装をして殺人事件に首を突っ込んだり、巻き込まれていきます。どこか愛着が湧いてしまう憎めないキャラクターなんです。

この「信濃譲二シリーズ」の長編作品はどれも「家」をテーマにしており、その家の特徴的な箇所をトリックに使用しています。

とても大胆なトリックなので、もしかしたらタイトルだけでトリックが分かってしまう人もいるかもしれませんね。

 

このシリーズの特徴としては、以下の通りです。

 

・歌野晶午のファンの人。

・大胆で、奇想天外なトリックが好きな人。

・学生たちが活躍する推理小説が好きな人。

・新本格推理小説の作品を追っている人。

 

ひとつでも自分に興味がある項目があれば、是非とも読んでみては如何でしょうか?

 

シリーズの紹介

 

1.長い家の殺人

 

消失死体がまた元に戻る!?完璧の「密室」と「アリバイ」のもとで発生する、学生バンド“メイプル・リーフ”殺人劇―。「ミステリー史上に残ってしかるべき大胆なアイデア、ミステリーの原点」と島田荘司氏が激賛。この恐るべき謎を、あなたは解けるか?大型新人として注目を浴びた鮮烈なデビュー作。

   

歌野晶午のデビュー作品!
ミステリー界の大御所の島田荘司氏が絶賛した作品でもあるぞ。

「密室」に「アリバイ」。そして「家」……。推理小説好きなら飛び付くワードですね。
トリックも大胆で「確かに!」と経験したことがあるものでした。

 

2.白い家の殺人

 

冬の八ヶ岳山麓の別荘で、猪狩家の令嬢・静香が逆さ吊り死体で発見された。凄惨な密室殺人は別荘を恐怖の渦に巻き込み、そして第二の被害者が出てしまう…。一冊の日記帳によって明らかになる猪狩家の悲しく暗い過去。事件解決に挑む青年探偵・信濃譲二は完全犯罪を暴けるのか!?傑作長編推理第二弾。

   

雪の山荘・嵐・密室・相続争い!
そして奇妙な遺体! なんて魅力的なワードばかりなんだろう。

こんな言葉に目をキラキラするなんて探偵小説好きだけですよ……。
しかし、ドキドキさせる展開は相変わらずですね。

3.動く家の殺人

 

名探偵・信濃譲二は、とある小劇団にマネージャーとして参加し、万能ぶりを発揮し始める。だが、特別公演「神様はアーティストがお好き」の初日、惨劇の幕が切って落とされた。次第に疑心暗鬼になっていく団員達。六年前の稽古中の死亡事故と関係が?信濃が命をかけて謎解きに挑む、傑作本格推理第三弾。

   

長編ではこの作品が最後のシリーズだ。
冒頭の「信濃譲二は殺された」という単語で一気に読者を引き込む!

探偵役が死亡するとはとんでもない展開ですね。
この事件の謎は一体誰が解決するんでしょうか……。

 

4.放浪探偵と七つの殺人

 

なぜ死体は動いたのか?殺人者が犯した、たった一つの過ちとは?「家シリーズ」の名探偵・信濃譲二が奇想天外な難事件の謎を見事な推理で解決する七つの短編に、幻の未収録作品「マルムシ」を加えた試みと驚きに満ちた傑作ミステリー八編。

   

長編作品の合間に、信濃譲二が遭遇した事件をまとめた短編集だ。
謎解きも面白いが、色々な職業に就く信濃譲二も読みどころのひとつだぞ。

ある時は学生、家庭教師、清掃員、管理人って色々職を転々としてますね。
謎も豊富で読んでいて飽きない作品集になっていますね。

 

最後に

シリーズとしては、4作品出版されています。

どれも印象に残るトリックで、妙に愛着が湧くのが「信濃譲二」なんです。

しかも「新装版」としても刊行されているので、どれだけ人に愛されている作品かが窺えますね。

そんな推理小説好きから愛されている、新本格推理小説を読んでみませんか?

f:id:KuraMystery:20190801195753p:plain