雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【本屋大賞受賞作品】〝謎解きはディナーのあとで〟東川 篤哉―――毒舌執事のユーモアミステリ


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200511194016p:plain





 

「謎解きはディナーのあとで」を紹介するぞ。
にわとり君も、タイトルぐらいは知っているのではないか?

もちろん、知ってますよ! 馬鹿にしないで下さい!
確か、ドラマや映画にもなった作品ですよね。

ほう。それでどんな内容か分かるな?

…………。

概要

 

国立署の新米刑事、宝生麗子は世界的に有名な『宝生グループ』のお嬢様。『風祭モータース』の御曹司である風祭警部の下で、数々の事件に奮闘中だ。大豪邸に帰ると、地味なパンツスーツからドレスに着替えてディナーを楽しむ麗子だが、難解な事件にぶちあたるたびに、その一部始終を相談する相手は“執事兼運転手”の影山。「お嬢様の目は節穴でございますか?」―暴言すれすれの毒舌で麗子の推理力のなさを指摘しつつも、影山は鮮やかに事件の謎を解き明かしていく。二〇一一年ベストセラー一位のミステリ、待望の文庫化。書き下ろしショートショート『宝生家の異常な愛情』収録。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : メインキャラの主人公、執事、そして警部が面白い!

文   章   力  : しっかり書かれているのに、ユーモア溢れる文章。

テ   ー   マ    : 一貫してユーモアミステリ。

ト リ ッ ク : 短編という性質上、小粒が揃っていて面白い。

後   読   感  : 面白かったー、と素直に笑えました。

 

短編集なので、さっくりと読める作品ばかり。
毒舌の執事が探偵役なのが、読みどころだぞ!

 

感想

 

「ユーモアミステリを紹介してくれ」

と問われれば、幾つか浮かぶ作品のひとつが、この「謎解きはディナーのあとで」です。

元々、著者の東川 篤哉はユーモアミステリの騎手ではありますが、この「謎解きはディナーのあとで」一躍有名になりましたね。

もはや、東川 篤哉の代名詞がこの作品になったといっても過言ではありませんね。

そして、肝心の内容は……。

もう、東川篤哉節が炸裂する作品ですね。

彼の得意とするユーモア。

それに、推理小説としての謎解きが、綺麗に混ざっていて、面白くない筈がない!

特に、影の主人公である執事の影山と主人公で刑事でもある麗子のやり取りは面白い。

自分の主人(雇い主)である麗子を、毒舌でバッサリと切る影山。

それに腹を立てて、毎回怒りを露わにして、クビにしたいけれど、影山の推理力を重宝してクビに出来ない麗子。

推理小説ですから、推理や謎解きも魅力のひとつですが、事件の度に、麗子を貶す影山の毒舌も魅力のひとつですね!

個人的に一番好きだった話は「綺麗な薔薇には殺意がございます」ですね。

あんな短い話の中にあんなに伏線が散りばめられていて、それを鮮やかに解決する影山の推理力は圧巻の一言です。

薔薇の絨毯に遺体を放置する理由を論理的に導き、そこから、糸を手繰って犯人に辿り着く……。凄く好みの作品でした。

 

笑って、楽しめるミステリですね。
謎やトリックも分かりやすく、すっきりするモノばかりでした。

 

こんな人におススメです

 

・本屋大賞受賞作品に興味がある人。

・ユーモアミステリを読みたい人。

・笑って、悩んで楽しめる短編小説を読みたい人。

・この作品のドラマや映画を観た人。