雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【通り魔事件の真相】〝犯罪者〟太田 愛―――社会派ミステリの傑作


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200429145450p:plain





 

今回は「犯罪者」を紹介するぞ。

上下巻の作品ですね……。とても濃い作品なんでしょうね。

うむ。
久しぶりに作品の中にのめり込んだぞ。

読むのに時間が掛かりそうですが、贅沢な時間になりそうですね。

概要

 

白昼の駅前広場で4人が刺殺される通り魔事件が発生。犯人は逮捕されたが、ただひとり助かった青年・修司は搬送先の病院で奇妙な男から「逃げろ。あと10日生き延びれば助かる」と警告される。その直後、謎の暗殺者に襲撃される修司。なぜ自分は10日以内に殺されなければならないのか。はみだし刑事・相馬によって命を救われた修司は、相馬の友人で博覧強記の男・鑓水と3人で、暗殺者に追われながら事件の真相を追う。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 全員が「生きて」いて、呼吸をしていました。

文   章   力  : 分かりやすく、とても上手でした。

テ   ー   マ    : ネタバレになりかねないので、社会性溢れるテーマとだけ。

ト リ ッ ク : 社会派ミステリなので、トリックというよりも動機。

後   読   感  : 泣ける作品でもあったし、「良かった」と思える作品でした。

 

社会派ミステリの傑作とも呼べる作品。
作者は「相棒」や「トリック」などのドラマの脚本を担当していた人だぞ!

 

感想

 

上巻

まさか、通り魔事件にこんな事実が隠されているとは思いもよりませんでした……。

謎が謎を呼ぶ展開。

息をつかせない展開。

どんどん物語にのめり込んでいきました。久しく忘れていた没入感を味わえた作品でした。

物語はいきなり、通り魔事件から始まり、瞬く間に読者を物語の中心に放り込んでくれます。

生き残りの修司の元に、謎の男から「10間間逃げろ。生き延びろ」と伝えられ、修司の逃亡生活は始まりますが、当の修司は「?」。自分も「?」でした。

なんで、修司が狙われたの? なんで、10日間なの? あの通り魔は計画性があったの? なんで? なんで?

と、クエッションマークがついたまま、どんどん物語は展開していき、徐々に修司と共に読者も謎がひとつひとつ明らかになっていきます。

こうやって主人公と共に謎を追い掛けていくのは一体感とスピード感があって面白いですね。

上巻でも様々な謎を残して、下巻に続きます。

下巻

こんだけ、広げた風呂敷を回収できるのだろうか? と不安がありましたが、そんな不安はまったくの杞憂でした。

通り魔事件には、とある大手企業の隠蔽工作が潜んでいて、その隠蔽の元になった食品サンプルには大きな犠牲があった。

そして、その隠蔽工作にも様々な犠牲が……。

下巻では、上巻の謎が殆ど解け、ヒューマンドラマに焦点が当てられている感じがしました。

修司たち主人公は通り魔事件の真相に至り、遂に反撃にでる!

一体どうやって巨悪の正体を白日の下に晒すのだろうか、とドキドキしながら読みました。

襲撃者や大手企業、政治家との駆け引きはまさに手に汗握る展開でした。

果たして、この物語を一体どのように着地させるのか……。

修司たちは元の生活を取り戻せることができるのか? 一気読みの小説でした。

 

何て深い犯罪小説なんだ……。
たくさんのテーマが潜んでいて、胸がいっぱいになる作品でした。

 

こんな人におススメです

 

・重厚な社会派ミステリを読みたい人。

・ドラマチックな作品を読みたい人。

・感動して、泣きたい人。

・没入感を味わいたい人。