雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【新本格の始まり】館シリーズの紹介【綾辻行人】


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200424211659p:plain


 

 

はじめに

 

現在の「推理小説」の歴史を創ったといっても決して過言ではない著者が綾辻行人です。

 

彼のデビュー作の「十角館の殺人」はその凄まじい出来栄えから、新本格ミステリのムーブメントを起こした先駆け的な作品と言われており、傑作との呼び声も高い作品となっています。

 

ミステリファンならこの著者の名前と作品を一度は耳にしたことや、目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

まだ、読んだことのない、という方はこれを機に一度読んでみては如何でしょうか?

 

館シリーズの特徴と順番

 

結論から書くと、この作品はシリーズ順に読んで下さい。

 

この作品の大きな特徴はいわゆる、ミステリの禁じ手を 敢えて侵しているという点です。

 

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、例えばその禁じ手を知らず、いきなりシリーズの3作品目を読んで「こんなのルール違反だ!」と読者は憤慨するかもしれません。

ですから、シリーズ1作品目から順番に読んで、このシリーズの特徴を踏まえた上で、刊行順に読んでいくのがこのシリーズを十全に楽しむ秘訣だと思います。

 

そして、クローズド・サークルが好きな人にもおススメです。

この館シリーズのほとんどが、クローズド・サークル作品なのです。

 

取りあえずは、「十角館の殺人」を読んでみましょう。

この世界観にハマること間違いなしです。

 

館シリーズの紹介

 

1.十角館の殺人

 

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!’87年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。

   

これが伝説の始まりだ。
この作品を読まずして、綾辻行人を語ることは出来ないだろう。

始めて読んだ時の、あのショックは未だに忘れることが出来ません……。

   

2.水車館の殺人

 

仮面の当主と孤独な美少女が住まう異形の館、水車館。一年前の嵐の夜を悪夢に変えた不可解な惨劇が、今年も繰り返されるのか?密室から消失した男の謎、そして幻想画家・藤沼一成の遺作「幻影群像」を巡る恐るべき秘密とは…!?本格ミステリの復権を高らかに謳った「館」シリーズ第二弾、全面改訂の決定版。

   

次回作は「水車」の館!
現在と過去の物語が巧みに絡み合うぞ!

おぉ、難しいようで分かりやすく、そして驚愕の展開ですね!

   

3.迷路館の殺人

 

奇妙奇天烈な地下の館、迷路館。招かれた四人の作家たちは莫大な“賞金”をかけて、この館を舞台にした推理小説の競作を始めるが、それは恐るべき連続殺人劇の開幕でもあった。周到な企みと徹底的な遊び心でミステリファンを驚喜させたシリーズ第三作、待望の新装改訂版。初期「新本格」を象徴する傑作。

   

地下の迷宮で起こる殺人事件……。脱出不能な館で起こる賞金ゲーム!

たぬき探偵が好きそうな設定ですね……。

   

4.人形館の殺人

 

父が飛龍想一に遺した京都の屋敷―顔のないマネキン人形が邸内各所に佇む「人形館」。街では残忍な通り魔殺人が続発し、想一自身にも姿なき脅迫者の影が迫る。彼は旧友・島田潔に助けを求めるが、破局への秒読みはすでに始まっていた!?シリーズ中、ひときわ異彩を放つ第四の「館」、新装改訂版でここに。

   

「館シリーズ」の異色作! いつもとは違った「館」を是非味わって欲しい。

確かにクローズド・サークルではないし、雰囲気が違いますね。

   

 

5.時計館の殺人

 

鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。角島・十角館の惨劇を知る江南孝明は、オカルト雑誌の“取材班”の一員としてこの館を訪れる。館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。閉ざされた館内ではそして、恐るべき殺人劇の幕が上がる!第45回日本推理作家協会賞に輝く不朽の名作、満を持しての新装改訂版。

   

「館シリーズ」の最高傑作とも名高い作品だ!
日本推理作家協会賞を受賞した作品でもあるぞ!

タイトル通り「時計」を使ったトリックだとは予想していましたが、まさかこんな……。

   

 

6.黒猫館の殺人

 

大いなる謎を秘めた館、黒猫館。火災で重傷を負い、記憶を失った老人・鮎田冬馬の奇妙な依頼を受け、推理作家・鹿谷門実と江南孝明は、東京から札幌、そして阿寒へと向かう。深い森の中に建つその館で待ち受ける、“世界”が揺らぐような真実とは!?シリーズ屈指の大仕掛けを、読者は見破ることができるか?

   

このトリックのスケールの大きさはある意味「館シリーズ」一番だぞ。

え、え?
こんな大掛かりなトリックだとは、誰が予想出来ますか。

   

7.暗黒館の殺人

 

蒼白い霧に峠を越えると、湖上の小島に建つ漆黒の館に辿り着く。忌まわしき影に包まれた浦登家の人々が住まう「暗黒館」。当主の息子・玄児に招かれた大学生・中也は、数々の謎めいた出来事に遭遇する。十角塔からの墜落者、座敷牢、美しい異形の双子、そして奇怪な宴…。著者畢生の巨編、ここに開幕。

   

「館シリーズ」の超巨大長編だ。
1巻から4巻までのこの作品は読み応え間違いなし!

4巻も! 読み切るのに一体どんだけ時間が掛かるか……。

   

 

8.びっくり館の殺人

 

あやしい噂が囁かれるお屋敷町の洋館、その名もびっくり館。館に住む少年と友だちになった三知也たちは、少年の祖父が演じる異様な腹話術劇におののくが…クリスマスの夜、ついに勃発する密室の惨劇!悪夢の果てに待ち受ける戦慄の真相とは!?ミステリーランド発、「館」シリーズ第八弾、待望の文庫化。

   

この作品は子供向けに書かれた「講談社ミステリーランド」の1冊だ。

確かに挿絵なんかもありますね。
でもこの独特の空気は間違いなく「館シリーズ」ですね!

   

 

9.奇面館の殺人

 

奇面館主人・影山逸史が主催する奇妙な集い。招待された客人たちは全員、館に伝わる“鍵の掛かる仮面”で顔を隠さねばならないのだ。季節外れの大雪で館が孤立する中、“奇面の間”で勃発する血みどろの惨劇。発見された死体からは何故か、頭部と両手の指が消えていた!大人気「館」シリーズ、待望の最新作。

   

雪で孤立した館で起きる「仮面」を着用した中で起こる殺人事件!

仮面が着用したままって……。なんて疑心暗鬼に陥りそうな作品なんだ……。

   

 

番外編.月館の殺人

 

祖父ーーまだ見ぬ唯一の肉親に会いに行くため、夜行列車〈幻夜〉号に乗り込んだ空海(そらみ)・17歳。だが、乗り合わせていた乗客たちはあまりに奇妙、しかも初めての北海道、雪、列車と、沖縄育ちの空海を眩暈がするほどの混乱が襲い……そんな中、事件は起こる!!

   

これは「マンガ」だ。
しかし「綾辻行人原作」のマンガとなっているぞ!

いちおう「館」が付いていますけど、本家の「館シリーズ」とは関係しているんですか?

全くない、 本家の「館シリーズ」とは完全に独立している。

なるほど。マンガでも「綾辻行人」が楽しめるんですね。

ファンなら一読の価値アリだろう!
ちゃんと綾辻行人の「特徴」がある作品に仕上がっているぞ!

   

 

最後に

少しでも「館シリーズ」を読んでみたくなったら、幸いです。

この館シリーズは第10作品目、つまり残り1冊で完結と予告されています。

まだ読んでいない人は、館シリーズが締め括られる前に、今から全巻読破しては如何でしょうか?

一度読んでみたら、このシリーズの魅力に憑りつかれること間違いなしの作品です!

 

f:id:KuraMystery:20190801195753p:plain