雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【殺人鬼VS記憶障碍者】〝殺人鬼にまつわる備忘録〟小林 泰三―――記憶を失う男は戦う


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200421062203p:plain





 

今回は、記憶障害をテーマに扱った作品を紹介するぞ。

むむ。何だか難しそうですね……。ぼくの頭が付いていけるか……

大丈夫だ。そこは小説らしく読みやすい。
むしろ、超能力者の殺人鬼との熱い戦いでぐいぐい、引き込まれるぞ。

え、超能力者? それで殺人鬼?

概要

 

見覚えのない部屋で目覚めた田村二吉。目の前に置かれたノートには、「記憶が数十分しかもたない」「今、自分は殺人鬼と戦っている」と記されていた。近所の老人や元恋人を名乗る女性が現れるも、信じられるのはノートだけ。過去の自分からの助言を手掛かりに、記憶がもたない男は殺人鬼を捕まえられるのか。衝撃のラストに二度騙されるミステリー。

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 必要最低限の人数で分かりやすい。

文   章   力  : 相変わらず上手。読みやすかったです。

テ   ー   マ    : 障害者と超能力者(殺人者)との闘い。

ト リ ッ ク : トリックというよりも、設定を生かしたSF。

後   読   感  : 不思議な後読感でした。一体どういうこと……。

 

殺人鬼との戦いが熱く、主人公を応援したくなる作品。
一体どうやって、記憶障碍者は殺人鬼と戦うのか? というのも注目。

 

感想

 

「記憶破断者」が改題され「殺人鬼にまつわる備忘録」として文庫化されました。

この小説のジャンルは一体何だろう。

ミステリではないし、サスペンスともちょっと違う。

SF作品なのは間違いないのだけど、「SF作品」とひとくくりにしてしまっていいのでしょうか。

そんな不思議な小説でした。

 

みなさんは、自分が 持っているノートに「今、自分は殺人鬼と戦っている」と書かれていたらどうしますか?

もちろん頭に「?」が付きますよね。しかし「?」が付いたのは我々読者だけでなく、物語の主人公――二吉――もそうでした。

二吉は事故により、記憶が数十分しか維持することが出来ないのです。

そんな彼の文字通りの生命線が彼の持つ400冊近い「ノート」。必要最低限な事だけ、最初の数十ページに書かれていて、二吉はそれを頼りに毎日生活を送っている状態。

本当に、こんな状態で殺人鬼と戦えるのでしょうかね?

こんな設定わくわくしませんか?

 

そして殺人鬼の男は雲英光男(きらみつお)はいわゆる「超能力者」

触れた相手の記憶を改竄するというチート級の能力です。というか欲しいくらいですよね(笑)

彼はその能力を駆使して、やりたい放題しています。

コンビニでは店員の記憶を改竄して、監視カメラを停止し、商品を持ち出す。更には店員から金を奪い取る始末……。

更には女性をホテルに連れ込み、その女性を挙句の果てに殺害……。

素晴らしい能力ですが、その能力の使い手はクズ人間ですね(# ゚Д゚)

 

ひょんなことから、二吉と雲英は遭遇します。

その際に、雲英は二吉に「超能力」を使用しますが、二吉には不発のよう……。

雲英の天敵は記憶障害者の二吉だったのです!

二吉は雲英に不審を持ち、ノートに彼の事を気を付けるようにと記入します。

再度雲英と遭遇し、二吉は彼を殺人犯と確信するのです。

雲英と戦えるのは自分だけ……。彼は殺人鬼と戦う事を覚悟します。果たして勝機はあるのでしょうか?

 

頑張れ二吉! 愛する人を守るのだ!
単なる殺人鬼との戦いだけではなく、深いテーマも孕んでいる作品でした。

 

こんな人におススメです

 

・SFサスペンス(?)に興味がある人。

・記憶障碍者と殺人鬼の戦いに興味がある人。

・恋愛要素がある作品を読みたい人。

・物語の思わぬラストを知りたい人。