雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【作者VS読者】たぬき探偵のミステリ講義 ~読者への挑戦の作品紹介①~


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200416181701p:plain


 

 

はじめに

今回は、作者VS読者の「読者への挑戦」が収録されている作品を紹介します。

時間があれば是非とも取り組んで、作者との知的な戦いを楽しんでみては如何でしょうか?

そもそも、「読者への挑戦」って何? という方は、下記の記事で紹介しているので、是非ともご確認下さい。

www.snowman-bookshelf.com

1.月光ゲーム

 

 

夏合宿のために矢吹山のキャンプ場へやってきた英都大学推理小説研究会の面々―江神部長や有栖川有栖らの一行を、予想だにしない事態が待ち構えていた。矢吹山が噴火し、偶然一緒になった三グループの学生たちは、一瞬にして陸の孤島と化したキャンプ場に閉じ込められてしまったのだ。その極限状況の中、まるで月の魔力に誘われでもしたように出没する殺人鬼。その魔の手にかかり、ひとり、またひとりとキャンプ仲間が殺されていく…。いったい犯人は誰なのか。そして、現場に遺されたyの意味するものは何。

   

どうも私の作品紹介にはこの作品が良くランクインするな。

それぐらいに魅力的な作品ってことですね!
読んでない人は是非とも読んでみて下さい。

   

 

 

2.孤島パズル

 

紅一点会員のマリアが提供した“余りに推理研的な”夏休み―旅費稼ぎのバイトに憂き身をやつし、江神部長以下三名、宝捜しパズルに挑むべく赴いた南海の孤島。バカンスに集う男女、わけありの三年前、連絡船の再来は五日後。第一夜は平穏裏に更けるが、折しも嵐の第二夜、漠とした不安感は唐突に痛ましい現実へと形を変える。晨星落々、青空に陽光が戻っても心は晴れない…。

   

超王道ミステリ作品だぞ。

「読者への挑戦」抜きにしても是非とも読んで欲しい作品です。

   

 

3.双頭の悪魔

 

他人を寄せつけず奥深い山で芸術家たちが創作に没頭する木更村に迷い込んだまま、マリアが戻ってこない。救援に向かった英都大学推理研の一行は、大雨のなか木更村への潜入を図る。江神二郎は接触に成功するが、ほどなく橋が濁流に呑まれて交通が途絶。川の両側に分断された木更村の江神・マリアと夏森村のアリスたち、双方が殺人事件に巻き込まれ、各々の真相究明が始まる…。

   

個人的には有栖川有栖の最高傑作!

この頭が痺れるような感覚はたまりませんよね!

   

 

4.女王国の城

 

ちょっと遠出するかもしれん。そう言ってキャンパスに姿を見せなくなった、われら英都大学推理小説研究会の部長、江神さん。向かった先は“女王”が統べる聖地らしい。場所が場所だけに心配が募る。週刊誌の記事で下調べをし、借りた車で駆けつける―奇しくも半年前と同じ図式で、僕たちは神倉に“入国”を果たした。部長はここにいるのだろうか、いるとしたらどんな理由で―。

   

もう有栖川有栖は最高だな。この作品もかなり面白いぞ。

もう一生ついていく、って感じですね。

   

 

5.ロシア紅茶の謎

 

作詞家が中毒死。彼の紅茶から青酸カリが検出された。どうしてカップに毒が?表題作「ロシア紅茶の謎」を含む粒ぞろいの本格ミステリ6篇。エラリー・クイーンのひそみに倣った「国名シリーズ」第一作品集。奇怪な暗号、消えた殺人犯人に犯罪臨床学者・火村英生とミステリ作家・有栖川有栖の絶妙コンビが挑む。

   

火村英夫シリーズでは珍しい「読者への挑戦」付きの一冊だ。

短編集のひとつに「読者への挑戦」が収録されています。

   

 

6.殺人方程式

 

新興宗教団体の教主が殺された。儀式のために篭もっていた神殿から姿を消し、頭部と左腕を切断された死体となって発見されたのだ。厳重な監視の目をかいくぐり、いかにして不可能犯罪は行われたのか。二ヵ月前、前教主が遂げた奇怪な死との関連は?真っ向勝負で読者に挑戦する、本格ミステリの会心作。

   

綾辻行人が正々堂々と書いた推理小説だぞ。

あの話に聞く綾辻行人が書いた「読者への挑戦」ですか……。気になりますね。

   

 

7.鳴風荘事件 殺人方程式Ⅱ

 

奇天烈な洋館に集まった人々は目を疑った。六年前に殺された女流作家そっくりに、その妹が変貌していたのだ。そして姉の事件と同じ月蝕の晩、惨劇が彼女を襲う。“不思議な力”を持っているという黒髪を切られる手口も酷似して―。必要な手掛かりをすべて提示して「読者へ挑戦」する新本格ミステリの白眉。

   

「殺人方程式」の2作品目だぞ!

あの方程式がもう一度読めるんですね。嬉しい限りです。

   

 

8.体育館の殺人

 

風ヶ丘高校の旧体育館で、放課後、放送部の少年が刺殺された。密室状態の体育館にいた唯一の人物、女子卓球部部長の犯行だと警察は決めてかかる。卓球部員・柚乃は、部長を救うために、学内一の天才と呼ばれている裏染天馬に真相の解明を頼んだ。アニメオタクの駄目人間に―。“平成のエラリー・クイーン”が、大幅改稿で読者に贈る、第22回鮎川哲也賞受賞作。待望の文庫化。

   

平成のエラリー・クイーンと名高い作者のデビュー作!

論理的思考が持ち味の作家ですね。確かにパズルみたいで面白いです。

   

 

9.水族館の殺人

 

夏休み真っ直中の8月4日、風ヶ丘高校新聞部の面々は、取材先の丸美水族館で驚愕のシーンを目撃。サメが飼育員の男性に食いついている!警察の捜査で浮かんだ容疑者は11人、しかもそれぞれに強固なアリバイが。袴田刑事は、しかたなく妹の柚乃に連絡を取った。あの駄目人間・裏染天馬を呼び出してもらうために。“若き平成のエラリー・クイーン”が、今度はアリバイ崩しに挑戦。

   

体育館から水族館へ! 今回も論理的思考は健在だ!

今度はアリバイ崩しがメインテーマなんですね。何だかこのパズルが嵌っていく快感は楽しいですね。

   

 

10.図書館の殺人

 

期末テスト中の慌ただしい9月、風ヶ丘図書館で死体が発見された。閉館後に侵入した大学生が、山田風太郎の『人間臨終図巻』で撲殺されたらしい。しかも現場には一冊の本と謎のメッセージが残されていた。警察に頼まれ独自の捜査を始めた裏染天馬は、ダイイングメッセージの意味を解き明かせるのか?ロジカルな推理、巧みなプロットで読者を魅了する“裏染シリーズ”第4弾。

   

今度は図書館! このシリーズは有名な「館シリーズ」をもじっているのが面白いな。

ダイイングメッセージがテーマになっている作品なんですね。

   

 

 

最後に

今回は、国内+有名所の作品を紹介しました。

まだまだ紹介できる作品はありますが、ちょうどキリがいいので今回はここまでとさせて頂きます。

次回はシリーズ作品での「読者への挑戦」+単発の作品を紹介していきたいと思います。

f:id:KuraMystery:20190801195753p:plain