雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【ゴキブリが主人公!?】〝昆虫探偵〟鳥飼 否宇―――昆虫の世界で起こる様々な事件!


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200407210722p:plain





 

今回の作品のテーマは「昆虫」だぞ。

昆虫は……苦手です……。

にわとりなにに、情けない!
しかも、今回は主人公が「ゴキブリ」だぞ? そんなんで大丈夫かね!?

ゴ、ゴキブリが主人公ですって!?

概要

 

ある朝目覚めるとゴキブリになっていた元人間のペリプラ葉古。無類のミステリ好きだった葉古は、昆虫界の名探偵、熊ん蜂シロコパκの助手となった。人の論理が通用しない異世界で巻き起こる複雑怪奇な難事件を、クロオオアリの刑事の力も借りて見事解決していく!書下ろし「ジョロウグモの拘」を収録。昆虫と本格ミステリについてのユニークな注釈を新たに付加。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 昆虫の名前が憶え辛いかも。

文   章   力  : 昆虫の蘊蓄もすっと頭に入ってくる。

テ   ー   マ    : 昆虫。またはその生態。

ト リ ッ ク : トリックというよりも昆虫の生態を取り入れている。

後   読   感  : 昆虫のことをもっと知りたくなりました。

 

昆虫をテーマに扱った推理小説は初めてだ!
それにしても、著者の昆虫愛は凄まじい!

 

感想

 

主人公が昆虫。

ましてやゴキブリ、という推理小説は本書が史上初ではないでしょうか。

人間から気が付いたらゴキブリに「変身」していた主人公。

そんな彼は「熊ん蜂探偵事務所」の助手として、様々な昆虫にまつわる事件と遭遇していく、というのが基本。

しかし、本書が楽しめるのは何も「昆虫好き」の人間だけではないのが凄い。

推理小説は好きだけど、虫はちょっと……、と敬遠している人は是非ともこの本を手に取って欲しいです。 

何故なら、この小説の各章はどれも有名な推理小説を模しているからです。

それらがこちら。

・蝶々殺蛾事件

・哲学虫の密室

・昼のセミ

・吸血の池

・生けるアカハネの死

・ジョロウグモの拘り

・ハチの悲劇

……どこかで聞いた(読んだ)ことのある作品ではありませんか?

これら有名な作品にちなんだ昆虫にまつわる様々な「謎」が用意されているのです。

しかし、どれも奇抜なトリックという訳ではなく、ちゃんと昆虫の生態に基づいた、昆虫ならではの謎なんです。

私達の知らなかった昆虫の姿を知る、良い機会になりました。

こんな昆虫がいたんだ。

この昆虫は、こんな役割を持っていたんだ。

こんな昆虫が自分たちの暮らしに関係していたんだ。

と、昆虫の知識を蓄えることが出来ました。

昆虫好きでなくとも、推理小説好きなら、読んでみたくなりませんか?

 

たぬき探偵が好きそうな、ラインナップですね……。
これは有名作品を読んでいたら、もっと楽しく読めるのではないでしょうか。

 

こんな人におススメです

 

・昆虫が好きな人。

・一風変わった推理小説を読みたい人。

・本格推理小説を色々読んでいる人。

・オマージュ作品を読みたい人。