雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【幸せはどこに】〝スタフ staph〟道尾 秀介―――事件の裏側にあった真の動機とは?


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200406212622p:plain





 

今回は道尾秀介の「スタフ」を紹介するぞ。

また推理小説ですか?

推理小説を多く、書いている道尾秀介だが、今回の作品はちょっと違うかな。
家族の愛をテーマにしているエンタメ小説といった感じかな。

推理小説とはちょっと違うとは気になりますね……。

概要

 

移動デリを経営するバツイチでアラサーの夏都。借金を返しながら、海外赴任中の姉の息子・智弥を預かる生活はぎりぎりであった。ある日突然、中学生アイドル・カグヤのファンたちに車ごとさらわれた夏都は、芸能界の闇に巻き込まれていく。カグヤとファンの暴走に思われた事件は、思いもよらぬ結末を迎える。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 全員が魅力的な人物ばかり。

文   章   力  : 読みやすい。すいすいと先が読める。

テ   ー   マ    : 家族。

ト リ ッ ク : トリック、というよりも動機に注目。

後   読   感  : 家族の大切さを改めて気づきました。

 

先が読めない展開でぐいぐいと読ませる。
登場人物たちが魅力たっぷりで読んでいて楽しいぞ。

 

感想

 

解説を読んでびっくり。

道尾秀介さん初の女性主人公ということらしいです。

「作られた」感じが全くない、とても生き生きとしていた主人公だったので、まさか初めて女性の主人公だとは思わなかったです。

人違いで拉致されてしまい、誤解を解いて開放されるものの、彼らの手際が悪すぎるのに、苛々して思わず誘拐犯の計画に加わってしまう……。

となんとも、ぶっ飛んだ話。

こうやってあらすじを書いてみると、かなり無理がある設定では? と思ってしまうのですが、実際に読んでみると全然無理がない。

むしろ、そうあるようにスムーズに物語が流れていき、どんどん没入することが出来ました。これぞ道尾秀介さんの力量ですよね。

登場人物たちが息づいているのが、ありありと分かる。

ミステリ要素は全くないように感じていましたが、後半になるとまさかの展開に!

彼女らが体験した事件の裏側に、こんな伏線が潜んでいたとは思いもよりませんでした……。

この事件の動機を知った時、思わず胸に温かいものが込み上げてきました。

そんな最後にほっこりするような小説です。

 

あぁ、裏側にこんな動機が隠されているとは……。
胸がぽかぽかする結末に泣けてきますね。

 

こんな人におススメです

 

・ちょっと変わった道尾秀介作品を読みたい人。

・家族愛をテーマにした作品を読みたい人。

・魅力的な人物たちが登場する話を読みたい人。

・一気に読める長編を読みたい人。