雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【忘却探偵弟3弾】〝掟上今日子の挑戦状〟西尾 維新―――今度の相棒は警察官!


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200405212908p:plain





 

忘却探偵シリーズ弟3弾は、各話がどれもガラリと変わっていて面白いぞ!

ガラリ、と変わるとはどういう意味でしょうか>

今回は3つ話が収録されている。
それぞれの話が「アリバイ」「密室」「暗号」と全く種類が異なるんだ。

それは読み応えがありそうですね!

概要

 

自身のアリバイ作りのために、誰かに“記憶”してもらう必要があった鯨井は、オープンカフェにいた総白髪の若い女性に声をかける。だが、その女性は一晩で記憶がリセットされる忘却探偵・掟上今日子だった。鯨井の目的は果たされるのか!?今日子さんが3つの謎を解く「忘却探偵シリーズ」第3巻、ついに刊行!(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : メインの登場人物は今日子さんだけ。覚えやすい。

文   章   力  : 西尾維新の文体が好きなら、読みやすい。

テ   ー   マ    : 今回のテーマは話毎に3つになっています。

ト リ ッ ク : アリバイ、密室、暗号と豊か。

後   読   感  : 次の作品も楽しみです(^^)/

 

各話に共通しているのは相棒が警官ということだけ。それぞれ話の趣が違う。
忘却探偵はマンネリ知らずだ!

 

感想

 

このシリーズは全く飽きることがないですよね。

同じシリーズで3冊の短編集が出れば、ネタ切れになりつつ、同じようなネタが出てくる場合がありますが、この忘却探偵は全くそんなことがありません。

一度寝たら、全てを忘れるという設定。

そして、毎回ワトソン役(バディ)が変わるという設定が上手に働いているからこそだと思います。

しかもこのシリーズはまだまだ続いている、というのも恐れ入ります(この時点で12作刊行されているって……)

 

前置きはこれくらいにして。

今回は3つの話を収録。どれも趣向が異なっていて全く飽きさせる事がなかったです。

アリバイ……アリバイを作ろうとした彼が選んだ証人は、まさかの今日子さん!

密室……とても小さな密室殺人。アパレル店のフィッティングルームで起きた密室殺人!

暗号……犯人の目の前で死んだ男が遺したのは金庫の暗証番号!

 

う~ん。

どれも面白かったです。どれも甲乙つけがたい作品でした。

ですが、個人的には一番「密室」の話が好きでした。

何故、犯人はわざわざフィッティングルームで殺人を犯したのか?

この命題をとことん追求していくのがとても面白かったです。

こうやって颯爽と謎を解いていく今日子さんですが、一番の謎が今日子さん自身なんですよね……。

 

今回も面白かったです!期待を裏切らないシリーズですよね……。
次はどんな人間が今日子さんの相棒になるのか、次回も楽しみです!

 

こんな人におススメです

 

・連作短編集を読みたい人。

・アリバイ、密室、暗号に興味がある人。

・西尾維新の作品が好きな人。

・忘却探偵シリーズが好きな人。

 

www.snowman-bookshelf.com

www.snowman-bookshelf.com