雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【予言された未来】〝6時間後に君は死ぬ〟高野 和明―――未来は幸せに満ちているか?


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200303070840p:plain





 

この作品は考えさせられるな……。
にわとり助手よ。君の人生は充実しているかね?

へ? じゅ、充実ですか? う~ん。

この「6時間後に君は死ぬ」。タイトルからは想像できないくらい、優しいテーマになっているんだ。
自分の人生について、改めて考えるいい切っ掛けになったよ。

タイトルからは想像できませんね……。
一体どんな話なんだろう。

概要

 

6時間後の死を予言された美緒。他人の未来が見えるという青年・圭史の言葉は真実なのか。美緒は半信半疑のまま、殺人者を探し出そうとするが―刻一刻と迫る運命の瞬間。血も凍るサスペンスから心温まるファンタジーまで、稀代のストーリーテラーが卓抜したアイディアで描き出す、珠玉の連作ミステリー。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : すべて話の主人公は女性。女性の気持ち、幸せについてよく書けてる。

文   章   力  : 読みやすい。ページ数は多いが気にならない。

テ   ー   マ    : 成功だけが、人生ではない。

ト リ ッ ク : 「未来予知」を上手に落とし込んでいる作品。

後   読   感  : 最後には胸が熱くなりました。

 

5編+エピローグが収録されている作品。
どの作品も内容が濃く、胸に何かが残るような作品になっているぞ。

 

感想

 

デビュー作の「13階段」とはまた違った作風の一冊でした。

13階段は「死刑制度」を扱った重いテーマに対して、今作は「未来予知」という全く異なった作品。

どんな作品になっているんだろう、と期待して本書を取ったのですが、全く想像していた作品とは違っていました。

「6時間後に君は死ぬ」というタイトルだから、予知と殺人事件を絡めた、おどろおどろしい展開を予想していたのですが、とても優しい物語が収録されていました。

5編+エピローグが収録されているのですが、全編を共通しているのが、どれも女性を主人公にしていて、「現在」を悩み、苦しんでいる。

そんな女性たちが「現在」をどうやって乗り切るのか。

どうやって「未来」に希望を持つのか?

と、苦悩して自分なりの「回答」を見つけ出す話になっていました。

 

・6時間後に君は死ぬ

・時の魔法使い

・恋をしてはいけない日

・ドールハウスのダンサー 

・3時間後に僕は死ぬ

 

以上、5編がメインになっていますが、どの作品でも「予知能力」を持つ、「圭史」が糸のように存在していて、重要な役割を持っています。

 

一番好きなは話は「ドールハウスのダンサー」でした。

ダンサーを夢見てルームメイトと共に、ダンサーの選考を受ける主人公。

しかし、現実は厳しい。

アルバイトで生計を立てつつ、ダンスのレッスンを受ける。両親からは「結婚」だの「歳」だと、仄めかされる。そして試験を受けるものの、落選の日々が続く……。しんどいですね。

そんな折に、彼女はデジャヴを見る。

同じ試験を受けたルームメイトだけが、試験に合格するのだ。

だが、試験前にそのルームメイトは足を捻挫してしまう。

ここで、ルームメイトを助ければ彼女だけが合格してしまう。しかし、ルームメイトを見捨てれば自分が合格するのではないか? という葛藤が主人公を支配していくのです。

自分の心を汚してまで、その夢に価値はあるのだろうか?

努力が報われないこともある。成功だけがすべてじゃない。時に諦めることで、別の幸せがある。そう教えてくれた小説でもありました。 

「明日は、きっといい日だよ。」

 

13階段とは全く違った作品になっていて驚きました!
作者の引き出しにびっくりです。

 

こんな人におススメです

 

・SF(?)推理小説を読みたい人。

・連作短編集を読みたい人。

・タイムリミット・サスペンス小説を読みたい人。

・未来について不安を持っている人。