雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【失踪した弟】〝危険なビーナス〟東野 圭吾―――天才を作り出す事が出来るのか。


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200220213442p:plain



 

あー。こんな女性が我が探偵事務所にいてくれれば……。

どんな女性なんですか。そのたぬき探偵が推す女性は?

美人。可愛い。スタイル良し。器量良し。性格良し。放っておけない。しかも人妻。

人妻に手を出しちゃいけませんよ!

概要

 

独身獣医の伯朗のもとに、かかってきた一本の電話―「初めまして、お義兄様っ」。弟の明人と最近、結婚したというその女性・楓は、明人が失踪したといい、伯朗に手助けを頼む。原因は明人が相続するはずの莫大な遺産なのか。調査を手伝う伯朗は、次第に楓に惹かれていくが。恋も謎もスリリングな絶品ミステリー。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 親族が多い場面もあるが、重要人物は絞られているから、分かりやすい。

文   章   力  : 相変わらずの文章力。読みやすい。

テ   ー   マ    : 天才は幸せになれるのか?

ト リ ッ ク : テーマが深い。トリックはこれといったものがないが、最後の真相にはビックリ。

後   読   感  : 主人公の伯郎の恋が実って欲しいですね。

 

シンプルな話だが、奥が深い小説。
シンプルだが飽きさせることなく、一気に読める作品でした。

 

感想

 

最近の東野圭吾は医療ミステリが多い傾向にありますが、今作もそんな傾向に漏れず、医療を一部テーマにしています。

話の筋は非常にシンプル。

自分よりも秀才な弟が海外から日本に帰国して数日後に失踪する。その弟の失踪に疑問を持った弟の妻が、主人公の伯郎を頼って弟の行方を捜す、というストーリー。

明らかにその弟の妻は怪しい。弟の好みとは違うというし、馬鹿っぽい言動をするくせに頭は切れる。絶対に裏がある!この女は弟の事を殺していて、遺産目的で妻を名乗っているんじゃないか……、と予想しながら読みました。

しかし、読めば読む程、この女性には惹かれるんですよね。放っておけないような性格で、妖艶という言葉がぴったり。更にスタイルもいいとなれば、主人公でなくとも惚れてしまうのではないでしょうか(笑)

そしてそんな彼女に翻弄される伯郎も面白い。良いバディものの作品でもあります。

そして、複雑に絡み合う親族とのドロドロした遺産問題。

自分が育った家にある秘密。病で死んだ父親が描いた「絵」。そして、母親の不審死の謎とは。

弟の行方と、その妻の正体とは?

一本の軸を決して見失うことなく、ここまで話を広げられるのは相変わらず凄いな、と思いました。

 

実は結構テーマがある小説だと思いました。
家族、天才、医療。そして恋愛。綺麗にまとまっている小説です!

 

こんな人におススメです

 

・医療ミステリが好きな人。

・家族の大切さを感じたい人。

・天才の「作り方」に興味がある人。

・ミステリアスな女性に興味がある人。