雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【人口知能探偵第2弾!】〝犯人IAのインテリジェンス・アンプリファー -探偵AI 2- 〟早坂 吝―――犯人AIの成長とは?


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200202185941p:plain





 

人工知能探偵第2弾が来たぞ!

おぉ、あの可愛らしい人口知能探偵相以ちゃんが再登場するんですね。

うむ。
今回は、前回と違って長編作品となっている。読み応えも充分だぞ!

どんな作品になっているか楽しみですね!

概要

 

人工知能探偵・相以の驚異的な推理力に大敗を喫した以相。復讐に燃える彼女は、人間の知能を増幅させ完璧な共犯者を造り、相以に挑戦状を叩きつけた。ゴムボートで漂着した死体、密室で殺された漁協長、首相公邸内殺人事件。連鎖する不可解な事象を読み解く一筋の推理の紐は、なんと以相の仕掛けた恐るべきトリックの導火線だった!?奇想とロジックが宙を舞う超絶推理バトル再燃。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 人数が増えて、ちょっと分かり辛いかも?

文   章   力  : テンポよく、すいすいと読める作品です。

テ   ー   マ    : 人口知能がテーマ。今回はロボット三原則にも切り込む。

ト リ ッ ク : AIや双子(三つ子)トリックを使った意欲的なもの。

後   読   感  : また続編が出そうですね……。続編にも期待

今回もテンポよく、サクッと読める小説でした。
前作の人口知能という設定を活かしながら、面白いトリックでした。

 

感想

 

表紙の以相(いあ)ちゃんが可愛い。

主役は前回と変わらず輔と相以ですが、その裏には前回、敗北を喫した以相が、2人に挑戦状を叩きつける。

そんな以相が完璧な人間の共犯者と一緒に企てた事件。

九州の密室殺人から、どんどんと話しが大きくなり、首相公邸内殺人事件まで連鎖して事件が発生し、複雑化。

時事ネタを挟みながら、トロッコ問題などの思考実験など、色々とネタが豊富。

前巻の伏線をきちんと回収しつつ、巧妙に仕掛けられた罠に気づかないまま、読んでいくのが面白い。

結末は、試合に勝って、勝負に負けたという言葉が相応しいように感じました。

これは次巻もありそうですね……。

 

新本格ミステリの作者として、これからも 頑張って面白い作品を書いていった欲しいです。

執筆スピードが一定なのは、良い事だ(^◇^)

 

可愛らしいAIたちだなぁ。
こんな可愛らしい娘たちが、このたぬき探偵事務所にも来てくれればなぁ……。

 

こんな人におススメです

 

・人口知能探偵AIの続編を読みたい人。

・犯人IAの成長を読みたい人。

・ロボット三原則について興味ある人。

・スラスラとあっという間に読みたい人。

 

snowman-bookshelf.hateblo.jp