雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【ゾンビ蔓延る世界】〝わざわざゾンビを殺す人間なんていない。〟小林 泰三―――ゾンビ密室殺人の謎とは?


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200201195547p:plain





 

ぐ、グロイ・・・・・・

タイトルにゾンビが・・・・・・。なんか予想できる作品ですね。

ほう。
それでは、君は「ゾンビの踊り食い」を予想できたかね?

ぞ、ゾンビの踊り食い・・・・・・。うぅ、気分が悪くなってきた・・・・・・。

概要

 

全人類がウイルスに侵され、死ねば誰もが活性化遺体になる世界。家畜ゾンビが施設で管理され、野良ゾンビが徘徊する日常のなか、とある細胞活性化研究者が、密室の中で突然ゾンビ化してしまう。彼はいつ死んだのか?どうやってゾンビになったのか?生者と死者の境目はどこだったのか?騒然とする現場にあらわれたのは、謎の探偵・八つ頭瑠璃。彼女とともに、物語は衝撃の真相が待ち受けるラストへと加速していく。世界もキャラクターもトリックも真相も予測不可!極上のゾンビ×ミステリー、開幕。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 多すぎず、少なすぎず。主人公の瑠璃が魅力的。

文   章   力  : 相変わらずの独特な滑るような文章。

テ   ー   マ    : ゾンビ。人間。特殊な人間とは。

ト リ ッ ク : この世界観ならではの、トリック。

後   読   感  : あぁ、グロかった・・・・・・。

うぅ・・・・・・。
グロ耐性がない人は要注意な作品です。気分が悪くなる恐れあり!

 

感想

 

自分の感覚では、ミステリはおまけのようなモノ。

この小説では、ゾンビウイルスが世界中に蔓延していて、死ねば誰でもゾンビになってしまう世界。

うわぁー、ゾンビだー、逃げろ逃げろー、という訳ではなく。

あ、ゾンビだ。野良ゾンビだー。食べろ食べろー、なんて事をいう人も。

凄くゾンビと人が密接に繋がった世界です。

ゾンビによる食料問題や、ゾンビの人権問題。ゾンビと人との人体実験。生と死の境目とは?

かなり真面目なテーマを内包している作品でもあります。ただ、グロイ。

 

物語中盤からパーシャルゾンビという、身体の一部がゾンビ化した人間が登場します。

このパーシャルゾンビが物語の肝であり、殺人事件の鍵でもありました。

ゾンビ化している箇所をいくら攻撃しても傷つく事はない。

だけど、生身の箇所はしっかりと傷を負い、脳を損傷したら死んでしまう。

それがパーシャルゾンビという存在なのですが、何だが未来を予見しているようで、少し恐ろしい気がしました。

どんどん機械化が進んでいる昨今ですが、いつの日か、どこからが機械でどこから人間なのか? という論争が起きてもおかしくないのではないでしょうか?

そんな深読みを思わずしてしまいました。

そして、主人公の瑠璃が持つ、秘密とは・・・・・・?

 

ゾンビをむしゃむしゃと食べるシーンはちょっとトラウマです。
当分、グロ系は遠慮したいところですね・・・・・・。

 

こんな人におススメです

 

・ゾンビ小説を読みたい人。

・ゾンビ×ミステリの小説を読みたい人。

・グロイ描写が平気な人。

・密室殺人が好きな人。