雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【タイムトラベルミステリ】〝時空旅行者の砂時計〟方丈 貴恵―――第二十九回鮎川哲也賞受賞作品!


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200129214140p:plain





 

鮎川哲也受賞! これは読まなくては!

たぬき探偵のお気に入りの賞ですね。

うむ。
もはや使命感で読んでいるよなものだ。今回はSFとミステリの融合作品。

おお、たぬき探偵の好物ばかりがぎゅっと詰まっている作品ですね。

概要

 

瀕死の妻のために謎の声に従い、二〇一八年から一九六〇年にタイムトラベルした主人公・加茂。妻の先祖・竜泉家の人々が殺害され、後に起こった土砂崩れで一族のほとんどが亡くなった「死野の惨劇」の真相の解明が、彼女の命を救うことに繋がるという。タイムリミットは、土砂崩れがすべてを呑み込むまでの四日間。閉ざされた館の中で起こる不可能犯罪の真犯人を暴き、加茂は二〇一八年に戻ることができるのか!?“令和のアルフレッド・ベスター”による、SF設定を本格ミステリに盛り込んだ、第二十九回鮎川哲也賞受賞作。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 人数が若干多め。覚える前にあれよこれよと人が死んでいく感じでした。

文   章   力  : 何となく、読みづらい。自分だけかもしれないけれど。

テ   ー   マ    : 死ぬ運命にある妻を救う事ができるか?

ト リ ッ ク : タイムトラベルと密室を上手に使った作品。

後   読   感  : これは、ネタバレになりかねないので、伏せます。

タイムリミットが刻一刻と迫る屋敷での殺人。
更には、ミステリとSFの融合。引き込まれない筈がない!

 

感想

 

屋敷の見取り図。家系図。呪われた一族、見立て殺人・・・・・・。

更に、クローズドサークル×タイムトラベル。

トドメとばかりに「29回鮎川哲也受賞品」

これは読まない訳にはいかない!

ということで、一気に読了しました。

 

登場人物が雪崩のように現れて、物語は一気に加速します。

ちょっと読みづらいかな、と思っていましたが、物語の勢いが強い。

どんどん、どんどんとページを捲ってしまっていた自分がいました。

SFミステリのお約束である、タイムトラベルの制約も面白く、なるほどと唸りました。

館では密室殺人やら、見立て殺人、焼死遺体と豊富な謎ばかり。

この謎が「タイムトラベル」で起こした殺人なのか?

それとも、「人力」で起こした殺人なのか?

と、こねくり回すのが、自分の好物。色々な可能性を吟味するのが、私の好みなのです。

何故、主人公は自分が「タイムトラベラー」として選ばれたのか?

そして、主人公を「タイムトラベル」させる「マイスター・ホラ」の目的とは?

 

殺人事件の他にも、様々な謎があって、頭が休む暇がありません!

解決は一気に伏線を回収して爽快でした。

そして、最後は思いもよらない結末が待ってます!

 

ぼくは、文香ちゃんが可愛くて好きでした。
殺伐とした、殺人事件の潤いと癒しが彼女でした・・・・・・。

 

こんな人におススメです

 

・クローズドサークル作品が好きな人。

・SF×ミステリが好きな人。

・鮎川哲也賞をチェックしている人。

・読者への挑戦が好きな人。