雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【第4回ミステリーズ! 新人賞受賞作】〝夜の床屋〟沢村 浩輔―――夜中に開いていた床屋の秘密とは?


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200123183930p:plain





 

摩訶不思議な世界観へようこそ。

こんどはどんな小説を紹介してくれるんですか?

とある短編の新人賞を受賞した作品だ。
真夜中に何故か営業している床屋・・・・・・。どこか幻想的じゃあないか?

ぼくにとっては、幻想的っていうよりもホラーなんですけど

概要

 

慣れない山道に迷い、無人駅での一泊を余儀なくされた大学生の佐倉と高瀬。だが深夜、高瀬は駅前の理髪店に明かりがともっていることに気がつく。好奇心に駆られた高瀬が、佐倉の制止も聞かず店の扉を開けると…。第4回ミステリーズ!新人賞受賞作の「夜の床屋」をはじめ、奇妙な事件に予想外の結末が待ち受ける全7編を収録。新鋭による不可思議でチャーミングな連作短篇集。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : あまり多くないので、覚えやすい。

文   章   力  : テンポがいいので、すいすい読める。

テ   ー   マ    : 7つの短編を収録。それぞれテーマは違います。

ト リ ッ ク : 連作短編集ということもあって繋がっている。それがトリックともいえる。

後   読   感  : なるほど! と世界がくるりと反転するような感覚でした!

どこか不可思議な連作短編集。
独特の世界観だった! 徐々にこの世界観に引き込まれる感覚がたまらなかったぞ。

 

感想

 

夜の床屋は何故か宮沢賢治の「注文の多い料理店」を思い出しました。

そんな独特な世界観がこの小説にはありました。

なるほど「夜の床屋」は一定のクオリティを保った作品でした。

しかし、巷で話題になっている作品がこの程度の筈がないっ!、という変な確信がありました。このままでは「日常の謎」の延長で終わってしまう。

どこかに凄いトリックが隠されているに違いない。と読み進めました。

 

そして・・・・・・。

この作品には7つの短編が収録されており、後半の4から様相が変わって来ました!

それぞれ独立した作品なのですが、1つの中編として読めるのです。この時点で連作短編集だとは思ってもいませんでした。

最後の「エピローグ」を読むと。

今まで読んでいた世界ががらりと姿を変え、開いた口が塞がりませんでした・・・・・・。

まさかこんなトリックが仕掛けられているとは!

自信を持って進められる、連作短編集です!!

 

全く警戒していなかった所に、いきなりパンチが飛んできたみたいな衝撃でした。
確かに話題になっていただけはありますね・・・・・・。

 

こんな人におススメです

 

・連作短編集を読みたい人。

・ミステリーズ新人賞をチェックしている人。

・学生の日常の謎を読みたい人。

・サクッと短編を読みたい人。