雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【怨霊が巣くう島】〝予言の島〟澤村 伊智―――20年後の予言は的中するのか?


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200121212638p:plain

 

あの、澤村伊智がミステリー小説を書いたぞ。

確か・・・・・・。ホラー作家でしたよね。

うむ。よく覚えているな。
もちろんがっつりとホラー要素も取り入れている作品だ!
ミステリも王道のクローズドサークル! 読まない訳にはいかないだろう。

うぅ、またホラー要素があるのか・・・・・・。

概要

 

瀬戸内海に浮かぶ霧久井島は、かつて一世を風靡した霊能者・宇津木幽子が生涯最後の予言を遺した場所だ。彼女の死から二十年後、“霊魂六つが冥府へ堕つる”という―。天宮淳は幼馴染たちと興味本位から島へ向かうが、宿泊予定の旅館は、怨霊が下りてくるという意味不明な理由でキャンセルされていた。そして翌朝、幼馴染のひとりが遺体となって発見される。しかし、これは予言に基づく悲劇のはじまりに過ぎなかった。不思議な風習、怨霊の言い伝え、「偶然」現れた霊能者の孫娘。祖母の死の真相を突き止めに来たという彼女の本当の目的とは…。あなたは、真実に気づくことができるか―。比嘉姉妹シリーズ著者初の長編ミステリ。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 登場人物はそれほど多くなく、誰だか分かりやすい。

文   章   力  : ん? 少し読みづらいな……?(実は、伏線になっていたり・・・・・・)

テ   ー   マ    : 予言、束縛というのがテーマ。

ト リ ッ ク : 単純にびっくり。意表を突いたトリックでした。

後   読   感  : 少し胸が悪くなりましたが、希望が残る終わり方。

帯には「令和初の絶叫本」という煽り文句。
絶叫というよりも、私は絶句してしまいました。まさか、こんな結末とは・・・・・・。

 

感想

 

ミステリー7、ホラー3ぐらいのだと感じました。

物語の舞台は、とある霊能力者が予言を遺して、死んだとされる霧久井島。その予言とは20年後に「霊魂六つが冥府へ堕つる」という物騒なもの。

そして、主人公たちは面白半分で、その島へと向かい、幼馴染が遺体として発見される・・・・・・。

ミステリとホラーを上手に融合していますね。 

じわじわと恐怖がにじり寄ってきて、そこで起こる殺人! 

この殺人は果たして、予言の所為なのか? それとも怨霊?

偶然起きた事故? あるいは殺人? 予言を模した計画殺人?

うー・・・・・・ん。考えさせられますね。

呪いや予言などは、かけられた人間が信じた瞬間に現れるんだなと、再認識させられました。

正直、あまり怖くないなと思いながら読んでいましたが、最後の最後ではぞっと鳥肌が立ち、絶句しました。まさかこんな形のホラーがあるとは思っていませんでした。

著者はミステリーが初めてということもあり、どこか手探り感がありましたが、充分面白い作品に仕上がっていました。

 

1度目はミステリー。2度目はホラーという紹介文に偽りはないですね・・・・・・。
最後の結末を読んでみると確かにこれは、ホラーです。

 

こんな人におススメです

 

・ホラーミステリが好きな人。

・古い因習が残る土地、という設定が好きな人。

・著者のホラー小説が好きな人。

クローズドサークルが好きな人。