雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【8つの短編】〝女が死んでいる〟貫井 徳郎―――どんでん返しの作品集


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200104220136p:plain

 

なんて、器用な作家なんだ・・・・・・。

この小説、8つも短編が収録されているんですか。

ああ、しかも濃く、バリエーション豊かで更にどれもレベルが高い。

いい所ばっかりじゃないですか・・・・・・。

概要

 

二日酔いで目覚めた朝、寝室の床に見覚えのない女の死体があった。玄関には鍵がかかっている。まさか、俺が!?手帳に書かれた住所と名前を頼りに、女の正体と犯人の手掛かりを探すが―。(「女が死んでいる」)恋人に振られた日、声をかけられた男と愛人契約を結んだ麻紗美。偽名で接する彼の正体を暴いたが、逆に「義理の息子に殺される」と相談され―。(「憎悪」)表題作他7篇を収録した、どんでん返しの鮮やかな短篇集。。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : どの作品にも魅力的な登場人物ばかりでした。

文   章   力  : デビュー作から変わらず、凄く上手い。

テ   ー   マ    : 8つの短編それぞれ、テーマが設定されている。

ト リ ッ ク : 8つそれぞれ、一捻り加えられたトリックで、面白い。

後   読   感  : この作家の器用さを改めて痛感しました。

約400ページの本なので、50ページぐらいでひとつの作品だ。
しかし、この50ページにぎっしりと内容が詰まっているぞ!

 

感想

 

帯の煽り文句通り、どれもどんでん返しの8連発! 幾つか予想出来た作品もありましたが、どれも高レベルの作品ばかりでした。

くどいようですが、どの作品もどんでん返し作品です。
叙述トリックとはちょっと違う面白さがあり、どの作品もまったくタイプが違う物ばかりです。

以下に、特に自分が気に入った作品を紹介したいと思います。

 

・殺意の形

女の独白と、刑事の調査で交互に物語が展開されていきます。

女は復讐者。自分の大切な男性を亡くした。

警察は毒殺された会社員の調査を行う。

この単純な構図が思わぬ結末を生むんです。単純がからこそ、騙されてしまうのかもしれませんね……

 

・病んだ水

これは誘拐ものです。

身代金って普通は高額で法外な金額を要求しますよね。

しかし、この誘拐犯の要求額はたったの20万円。かなり怪しいですよね。ただの悪戯ではないか? と疑いますよね。

だが、実際に誘拐はされており、しかもきっちり20万円も奪われてしまうのです!

20万円を奪った方法は? 何故、20万円という金額だったのか?

 

8つの短編が収録されているのは紹介した通りですが、そのどれもがヴァリエーションが豊かで飽きる事がないんです。

それは他の作品にも同じことが言えて、尚且つ一定のクオリティがあるので、どの著者の本を買っても後悔することはないでしょう。

とても器用な作家さんですね!
この作家の様々な一面を垣間見る事ができた、気がします!

 

こんな人におススメです

 

・短編小説を読みたい人。

・サクッと濃厚な小説を読みたい人。

・バラエティに富んだ小説を読みたい人。

どんでん返しが好きな人人。