雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【三冠獲得!】〝medium 霊媒探偵城塚翡翠〟相沢 沙呼―――2020年最も売れるミステリ!?


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200105210926p:plain

 

「このミステリーがすごい!」2020年版国内篇 第一位
本格ミステリ・ベスト10」2020年版国内ランキング 第一位
「2019年ベストブック」(Apple Books)2019ベストミステリー

またもや、凄い本を紹介してきましたね。たぬき探偵。

ああ、2020年に最も売れるかもしれない。その可能性を十分秘めている本だ。

たぬき探偵がそこまで言い切るとは・・・・・・。期待大ですね!

概要

 

推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた―。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 城塚翡翠というヒロインが可愛い!

文   章   力  : 相変わらずの文章力。読み易い。

テ   ー   マ    : 霊媒師ががテーマ。霊が視えるという意味。

ト リ ッ ク : まさに盲点を突いたトリック。今まで遭遇したことないトリックでした。

後   読   感  : 城塚翡翠の今後が気になりますね・・・・・・。続編は果たしてあるのでしょうか。

こんな推理小説があったとは!
最近の推理小説に飽きた人は、一読の価値ありの推理小説だ!。

 

感想

 

ネタバレには注意していますが、少し触れるかも。

なんか、巷で噂になっているなぁ・・・・・・。ということで購入。

自分の相沢沙呼という作家の印象といえば、「人物が描くのが上手い」「トリックよりも魅せ方」「マジック・マジシャン」「日常の謎」。

果たして、相沢沙呼に人殺しの作品を書けるのか?

しかも「霊媒師」って巷にこの手の設定の本は溢れているじゃないか・・・・・・。

という一抹の不安がありましたが、全くの杞憂でした。

霊が視えるという翡翠という女性がヒロイン兼バディ。

彼女は推理はからきしだが、霊が視えるので、被害者の霊を憑依させて証拠を集めたり、容疑者の「匂い」によって犯人を特定したりします。

しかし当然ながら、科学的証拠にはなりません。

そんな彼女の「霊的証拠」を使って、事件を推理するのは香月史郎という主人公。

霊と超能力によってヒントを得て、そのヒントから論理的に犯人を推理していく・・・・・・。というのがこの小説の基本パターン。

このままでは、巷に溢れる「霊媒師」を使ったミステリとは、変わりないじゃないか、と思いましたが・・・・・・。

読みながら、色々想像しました。

こんなに話題になっているのだから、思わぬトリックが仕掛けられているに違いない。

真犯人はあの人じゃないか?

実は叙述トリックで、主人公は○○なんじゃないか?

などなど・・・・・・。

しかし、私が予想も出来なかった、思わぬどんでん返しが最終章に!

今まで読んできたこの世界が180度変わる、この爽快感。

これ以上、いうとネタバレになりかねないので、今回はこの辺で。

これは絶対に読んで欲しいミステリ小説のひとつですね・・・・・・。
文句なしの傑作です!

 

こんな人におススメです

 

・連作短編小説が好きな人。

霊媒師、オカルト系の本が好きな人。

・上質なミステリ小説を読みたい人。

・どんでん返しが好きな人。