雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【奇怪な建物】〝8の殺人〟我孫子 武丸――本格ミステリでありながらユーモア溢れる一冊


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20200104210341p:plain

 

う~ん。警察と探偵が協力して事件を解決すような、本格的な推理小説を読みたいけれど、何かドロドロして疲れてしまうんです。
もっと肩の力を抜いて読めるような作品はありませんか?

「8の殺人」はどうかね? きっと君の期待に添えると思うぞ。

一体、どんな本なんだろう・・・・・・?

概要

 

建物の内部にある中庭が渡り廊下で結ばれた、通称“8の字屋敷”で起きたボウガンによる連続殺人。最初の犠牲者は鍵を掛け人が寝ていた部屋から撃たれ、二人目は密室のドアの内側に磔に。速水警部補が推理マニアの弟、妹とともにその難解な謎に挑戦する、デビュー作にして傑作の誉れ高い長編ミステリー。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 分かりやすくて、魅力に溢れています。

文   章   力  : ユーモアたっぷりで、読み易い。

テ   ー   マ    : 新本格でありながら、ユーモア小説。

ト リ ッ ク : 新本格ならではの「建物」を利用したトリック。

後   読   感  : 続編もありますので、是非とも読みたくなります。

緊張感とユーモアを兼ね備えた新本格推理小説
著者のデビュー作でもあるぞ!

 

感想

 

久しぶりに笑って、尚且つ面白いミステリを読みました。

この作品は、1992年に発売された、著者のデビュー作でもあります。発売から時間が経っておりますが、今も尚色褪せることはありません。

ご存じの方も多いとは思いますが、著者は小説の他にも「かまいたちの夜」というサウンドノベルというゲームも書いており、そちらも大変面白くなっております。

そして、作中には「密室講義」もある。「密室講義」とは、その名の通り、何故犯人が密室を構築するかその理由を区分別けする講義です。

もとはディクスン・カーの「三つの棺」が起源らしいです。

本格+ユーモアたっぷりの面白く、唸って、笑えるミステリです。

真剣な場面なのに、思わず笑ってしまう事が何度もありました。

特にこの速水警部補の部下の木下刑事の扱いが酷い。不憫です(笑)

それに、警部補の兄妹たちも面白い。この探偵気取りの所がまた笑えるんです。

ぶっ。何ですかこのキャラクター達! 面白すぎですよ!

 

こんな人におススメです

 

新本格推理小説が好きな人。

・ユーモア小説が好きな人。

・密室講義が好きな人。

・さくっと長編を読みたい人。