雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【走れ!】〝陸王〟池井戸 潤―――久しく忘れていた熱い思いを


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20191225234031p:plain

 

うぉーーー!

ど、どうしたんですか。ついに頭が!?

違う! この熱い気持ちをどう表現したらいいのか分からないのだ!

たぬき探偵がこんなテンションになるなんて・・・・・・。

概要

 

埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。日々、資金繰りに頭を抱える四代目社長の宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立つ。それは、伝統の技術を駆使したランニングシューズの開発だった。世界的スポーツブランドとの熾烈な競争、素材探し、開発力不足…数々の難問が立ちはだかるなか、従業員20名の地方零細企業が、一世一代の勝負に打って出る。ドラマ化もされた超話題作、ついに文庫化!(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : ページ数の割にそこまで多くない。覚えやすい。

文   章   力  : 相変わらずの文章力。難しい単語も不思議と理解できる。

テ   ー   マ    : 色んな熱いテーマが詰まっています。とても表現できません。

後   読   感  : 自分も頑張ろう! 努力しようと思える一冊でした。

凄い分厚いのに時間を忘れさせてくれる。
読み終わった時、熱い気持ちにさせてくれるぞ!

 

感想

 

ドラマは観ていませんが、文庫化されたという事で、購入&読破。

こんなにも分厚いのに(750P以上!)、すらすらと読めました。気が付けば1日で半分読めて、2日で読了。とても充実した時間を過ごせました。

こんなに一気に読めるのは、「文章の読み易さ」「熱い展開」「応援したくなる設定」があったからだと思います。

舞台は、黴の生えたような足袋を取り扱う中小企業。売上は低迷し、あと10年続くかも分からない・・・・・・。

そんな会社がスポーツシューズに参入! とまあ、簡単なあらすじはこんな感じです。

この本を読んで、改めて大切なコトに気づかされたと思います。

常に想像力を働かせ、より良いモノを作ろうという気持ち。

アグレッシブに上を目指す、意志の強さ。

そして、相手が強大だからといって、決して諦めない姿勢。

久しく忘れていた気持ちでもありました。そして、凄く励ましてくれました。

どれだけ、時代が進んでも、技術が発展しようとも、根っこは同じ。

大切なモノやコトは決してブレない。それを改めて教えてくれた一冊でもありました。

やる気が出てきました!!!
ずっとワクワクして読めました!

 

こんな人におススメです

 

・分厚い濃厚な長編を読みたい人。

・小さな会社が徐々に成長する姿を見たい人。

・感動して、泣きたい人。

・マラソンやシューズに興味がある人。