雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【2019年5冠達成!】〝カササギ殺人事件〟アンソニー・ホロヴィッツ―――ミステリファンへ愛溢れる作品


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20191204205601p:plain

 

2019年本屋大賞翻訳部門第1位
『このミステリーがすごい! 2019年版』第1位
週刊文春ミステリーベスト10 2018』第1位
『ミステリが読みたい! 2019年版』第1位
『2019本格ミステリ・ベスト10』第1位
今回は、驚異の5冠を達成した海外ミステリを紹介するぞ。

凄い! こんなに1位を取るなんて、さぞかし面白い作品なんですね。

うむ。読んでみて損はない。それどころか貴重で、充実した時間を送れる事請け合いだ。

おお、期待が膨らみますね・・・・・・。早速読んでみます!

概要

 

1955年7月、サマセット州にあるパイ屋敷の家政婦の葬儀が、しめやかに執りおこなわれた。鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足を引っかけたのか、あるいは…。その死は、小さな村の人間関係に少しずつひびを入れていく。余命わずかな名探偵アティカス・ピュントの推理は―。アガサ・クリスティへの愛に満ちた完璧なるオマージュ・ミステリ!(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 登場人物は多いが、特徴や職業で分かりやすいようになっている。覚えやすい。

読 み 易 さ    : 翻訳とは思えない読み易さ。ただ改行が少ないのが、読みづらいかも。

テ   ー   マ    : 推理小説とその作家について。奥が深く、考えさせられる。

ト リ ッ ク : トリックというよりも、魅せ方が凄い。

後   読   感  : 納得の面白さ。思わず本を撫でる。

翻訳ものとは思えない程読み易い。
とてもミステリの質も高く、ミステリファンなら喜ぶこと間違いなしの一冊でした。

 

感想

上巻

イギリスの片田舎で起こった殺人事件を名探偵アティカス・ピュントが挑む。

……という推理小説を読む編集者。

この上巻はずっとその作中作の物語を追うことになります。

大きな屋敷で起きた事故死。

被害者はこの屋敷に勤めるお手伝い。

これを皮切りに、村では少しずつ人間関係に罅が入り、やがて事故死ではなく、殺されたのでは? と話が大きくなっていく。まるで流行病のようでした・・・・・・。

そして、次に屋敷の主人が殺害されるのです。

……それも首を切断された状態で。

ここに来て、相談を受けていた余命幾ばくもない名探偵が腰を上げます。

探偵の調査によって明かされるのは、多くの容疑者や不可解な手掛かりが現れ始める……。

古典ミステリのTHE・王道ですね。

これだけの設定でもう、ウキウキワクワクで、ページを捲る手が止まりませんでした。

それにカタカナは読みづらい、登場人物が覚えづらいと思っていましたが、この作品は登場人物が魅力的で、覚えやすくてストレスがなく、読めました。

そして、上巻は名探偵ピュントが犯人を突き止めた所で終わります。

 

下巻

忘れてはいけないのが、この「カササギ殺人事件」が作中作だということ。

下巻は「カササギ殺人事件」の結末がない! と担当編集者が気づく所から始まります。

文句を言おうと連絡しようとした所、なんと「カササギ殺人事件」の作者が死亡したというニュースが飛び込んでくるのです。

作者は事故死と報じられますが、担当編集者は腑に落ちない様子。

何故なら、この作者の周りでも、彼に殺意を持つような人間が次々と現れ、担当編集者はこの「カササギ殺人事件」と現実でも、奇妙な符号を見つけ始めるのです・・・・・・。

あれ? どっかて聞いた事があるような話じゃありませんか?

とってもワクワクする展開ですね! 

ミステリ作家としての苦悩や、出版業界のちょっとした裏話など、とても丁寧に書かれていてとても作品に入り込むことが出来ます。

そして、最後には「カササギ殺人事件」の驚きの結末が待っています!

何とも贅沢な作品!
まるで二重箱のようでした。2019年本屋大賞翻訳部門第1位の名に恥じない作品でした。

 

こんな人におススメです

 

・上質なミステリ小説を読みたい人。

アガサ・クリスティが好きな人。

・古典ミステリと社会派ミステリの両方を読みたいという欲張りな人。

・没入感を体験したい人。