雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【様々な世界での謎】〝叫びと祈り〟梓崎 優 ――世界中を飛び回るジャーナリストが体験するミステリ


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20191120213104p:plain






 

この本は面白いなぁ。

今日は何を読んでいるんですか?

叫びと祈り』という短編集だ。この作品は短編集の中でも頭ひとつ飛び出ている作品だ。

それは楽しみです。期待が膨らみます!

概要

 

砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦…ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。選考委員を驚嘆させた第5回ミステリーズ!新人賞受賞作を巻頭に据え、美しいラストまで突き進む驚異の連作推理。各種年末ミステリ・ランキングの上位を席捲、本屋大賞にノミネートされるなど破格の評価を受けた大型新人のデビュー作。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 外国が舞台なので、カタカナ登場人物が苦手な人は注意。

文   章   力  : 充分に読める。読みづらい、という人もいる、かも?

テ   ー   マ    : 短編毎にテーマが違っていて、面白い。

ト リ ッ ク : 短編の「砂漠を走る船の道」は圧巻の一言。

後   読   感  : 凄い、という放心するような出来。

サハラ砂漠の他に、スペイン、モスクワ。アマゾン、東南アジア、と様々な国で主人公は謎に遭遇して、まるで世界旅行している気分。
色んな世界を垣間見る事が出来るぞ。

 

感想

概要から分かる通り、かなり評価が高い作品です。

この巻頭作品「砂漠を走る船の道」がミステリーズ!新人賞を受賞しており、異国の砂漠で殺人事件が起きる。砂漠のキャラバンで何故、人を殺す必要があったのか?

確かに、砂漠で人を殺す必要はありません。それどころか、人が減るのは犯人にとっても生死に関わる問題だ。それなのに、何故犯人はそんなリスクを背負う必要があったのか?

ちゃんと納得できる形で解決しており、解決では思わずアッと驚くこと間違いなしの作品です。

ミステリーズ!新人賞受賞作の「砂漠を走る船の道」は間違いなく傑作です。

誰にでも胸を張っておススメできる作品になっております。

他の短編については賛否両論がありますが、買って損はない作品になっておりますので、是非とも読んでみて下さい。

短編集にも色々と種類があると思いますが、一編一編が違う国で起きる作品なんて滅多にないと思います。

 

こんな人におススメです

 

・ミステリーズ!新人賞受賞作を読みたい人。

・短編集を読みたい人。

・いろいろな世界でのミステリを読みたい人。

・アッと驚きたい人。