雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【あなたは何色メモリ?】〝空色メモリ〟越谷 オサム―――懐かしくも、羨ましい青春小説


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20191113215631p:plain





 

あー。甘酸っぱい。ここに青春があったのだ・・・・・・。

ど、どうしたんですか。たぬき探偵。

この「空色メモリ」という小説。若い頃を思い出すんだ・・・・・・。ミステリ要素もあって、友情要素もあって、ギュッと詰まっているんだ。

(どんな、青春時代を歩んできたんだろう・・・・・・)

概要

 

たったひとりで坂高文芸部を守る、ハカセこと河本博士に春が来た。なんと、可愛い新入生が入部したのだ。彼女が人気のない部を選んだのには、何か秘密がありそう。部員でもないのに文芸部に入り浸っているおれは、そんな出来事をおもしろおかしく綴っている。その日記“空色メモリ”が、思わぬ騒動を呼んで―。“非モテ男子”たちの恋模様をミステリ風味で描く、青春小説の決定版。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : すごく若さが溢れて生き生きとしている。読んでいてある意味清々しい。

文   章   力  : テンポよく普通にすいすい読める。

テ   ー   マ    : コンプレックスやイジメをテーマにしている。

ト リ ッ ク : トリックや推理よりも青春小説の比重が強い。ミステリとして読むとがっかりするかも。

後   読   感  : 主人公の陸が非常に気になりますね……

とてもテンポよく、サクッと読める小説。
サクッと読める割には、みっしりと内容が詰まっているぞ。

 

感想

 

主人公の陸が書いている小説風の日記を記録しているUSBが空色なので、「空色メモリ」というタイトルだそうです。

しかし、名前負けしないとても綺麗で青春溢れる物語でした。本当に「空色メモリ」というタイトルにふさわしい話だと思います。

イケてない2人が部活やイジメ、恋愛を通じて青春して、一歩大人になる物語。

読んでいて、思わず応援したくもなり、共感したりし、笑えたりと忙しかった(笑)

どことなく、自分の学生時代を思い出しながら、楽しくよめました。

自分もこんな学生時代を送りたかったです。

差し詰め私は「灰色メモリ」(;ω;)

ああ、羨ましいなぁ。この湿気た事務所にも可愛い女の子が入社してくれないものか・・・・・・。

 

こんな人におススメです

 

・青春小説を読みたい人。

・高校時代を思い出したい人。

・青春小説よりのミステリを読みたい人。

・さくっとやや短い長編を読みたい人。