雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【訳アリ物件の解決】〝問題物件〟大倉 崇裕―――むしろ問題は登場人物?


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20191108201948p:plain



 

爽快な推理小説だぞ。不動産をテーマにしているのも面白い。

不動産がテーマ、ということは。部屋に纏わる謎を解決するという事でしょうか?

察しがいいな。その通りで、呪われた部屋や、ゴミ屋敷、幽霊が出るような部屋を調査して解決するんだ。

テーマが豊富で面白そうですね!

概要

 

大島不動産販売に入社した若宮恵美子は、前社長の遺児で難病に苦しむ大島雅弘の世話係となるも、突然異動を命じられる。そこは現社長の高丸が、雅弘を追い落とそうと画策して新設した、クレーム対応専門部署だった。途方に暮れる恵美子の前に、探偵を名乗る男、犬頭光太郎が現れて…。次々押しつけられる難題を、破天荒に解決するユーモアミステリーの傑作!(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : 探偵役の犬頭と主人公の恵美子のバディが面白いです。

文   章   力  : 充分な文章力。流れるように読めます。

テ   ー   マ    : 様々な〝問題物件〟を取り扱っていて面白い。

ト リ ッ ク : どの問題物件にも、合理的な解決があって分かりやすい。

後   読   感  : スカッとする。続編もあるので読んでみたい。

一見、解決不能な色んな問題を抱える物件がちゃんと合理的に推理できるのが面白い。
犬頭の〝能力〟も注目のひとつ。

 

感想

 

主人公の恵美子が異動させられた部署は様々な問題を抱えた物件のクレームを処理しなくてならない。

ゴミ屋敷に、ポルターガイスト、居座る男、必ず死ぬ部屋に、居住者が消失する部屋。

無理難題を押し付けられる。自分だったら絶対に無理ですね。しかも1人でとか。

途方に暮れて、辞表を出そうとする恵美子だが、そこに救世主とも呼べる1人の男が現れます。

それこそが、救世主犬頭。荒唐無稽な彼は不思議な力を駆使し、どんどんその部屋の情報を仕入れてくるのです。

「キェェェェ」と叫んで、携帯のロックを解除したり、警察を金縛にしたり、扉を蹴破ったり、指一本で相手を卒倒させたりと……。しかも、妙に犬にこだわる。

やってる事が破茶滅茶ですが、妙な爽快感がありました(笑)

犬頭の正体は一体何でしょうか? そういえば、恵美子がお世話していた前社長の遺児である、雅弘が大切にして犬のぬいぐるみがありましたけど……。

犬頭って何者なんだろう。まさか……

 

こんな人におススメです

 

・不動産ミステリを読みたい人。

・スカッとしたい人。

・ちょっと濃い短編集を読みたい人。

・荒唐無稽な登場人物が好きな人。