雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

【館炎上まで残り○○】〝紅蓮館の殺人〟阿津川 辰海―――迫りくる炎と殺人犯


スポンサーリンク

f:id:KuraMystery:20191104172554p:plain


 





 

特殊状況下での、クローズド・サークル作品だ。

? どういう意味ですか?

そんな事も知らないのか!

もっと、初心者にも分かるように説明して下さいよ。

概要

 

山中に隠棲した文豪に会うため、高松の合宿をぬけ出した僕と友人の葛城は、落雷による山火事に遭遇。救助を待つうち、館に住むつばさと仲良くなる。だが翌朝、吊り天井で圧死した彼女が発見された。これは事故か、殺人か。葛城は真相を推理しようとするが、住人と他の避難者は脱出を優先するべきだと語り―。タイムリミットは35時間。生存と真実、選ぶべきはどっちだ。(「BOOK」データベースより)

 

個人的ポイント

 

登 場 人 物 : やや多いから、覚えるのが大変かも。

文   章   力  : ちょっと、読みづらいという人がいるかも。自分もそうだった。

テ   ー   マ    : 探偵の存在について、問いかける一冊でもある。

ト リ ッ ク : 隠し通路に、吊り天井、お宝と盛り沢山。

後   読   感  : どこかしこりが残るような後読感。

迫りくる山火事と脱出不能のからくり館で起きる殺人。過去に起きた連続殺人。更にはお宝――。
これでもか、という位に色んな設定を詰め込んだ一冊でした。

 

感想

 

高校生探偵とその助手。山火事。からくり屋敷。隠し通路。吊り天井。お宝。登場人物の過去と陰謀。元探偵と過去に起きた連続殺人事件・・・・・・。

色んな情報がぐわっ、と詰め込まれて途中でページを戻ったりしました。ちょっと詰め込み過ぎかな、と思いました。(自分の読解力がないだけかも)

ただし、しっかりと読めば充分楽しめる作品でした。

だって、クローズド・サークルと聞けば読まないなんて、在り得ませんから(笑)

色んな設定が複雑に絡み合うのが、この作品の良い所でもあります。

高校生探偵と元探偵の対立も読みどころのひとつです。探偵の胸に宿る信念は1人1人違うのだ、と改めて認識させられた作品。

設定も面白かったですが、探偵について考えさせられる作品でもありました・・・・・・。

 

こんな人におススメです

 

・クローズド・サークル作品を読みたい人。

・隠し通路やお宝、という単語に反応する人。

・高校生探偵と元探偵の対立を読みたい人。

・探偵について、深く考えたい人。