雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

小説の感想

【存在しない家】〝そこに無い家に呼ばれる〟三津田 信三―――3つの記録にある幽霊屋敷

【泥棒一家の娘の恋】〝ルパンの娘〟横関 大―――警察官との恋は実るのか?

【検事の正義とは】〝検事の死命〟柚月 裕子―――佐方貞人シリーズ第3弾

【呪われた一族】〝呪殺島の殺人〟萩原 麻里―――記憶喪失になった主人公は犯人?

【心温まる短編集】〝ななつのこ〟加納 朋子―――ファンレターから始まった物語

【6つの短編と職業】〝因業探偵: 新藤礼都の事件簿〟小林 泰三―――様々なアルバイトをする探偵

【継ぎ接ぎの幽霊屋敷】〝わざと忌み家を建てて棲む〟三津田 信三―――事故物件を集めた曰く付きの屋敷

【5つの幽霊屋敷】〝どこの家にも怖いものはいる〟三津田 信三―――幽霊屋敷の怪異と謎の共通点

【花に纏わる短編集】〝戻り川心中〟連城 三紀彦―――ミステリ史に残る名作

【待ちに待った文庫化!】〝ゴーストハント1 旧校舎怪談〟小野 不由美―――怪談シリーズ第1弾

【忘却探偵第4弾】〝掟上今日子の遺言書〟西尾 維新―――初の長編と再びの隠館

【恐怖の短編集】〝赫眼〟三津田 信三―――著者初の12編の短編集

【孤独死の奥に潜む闇】〝絶叫〟葉真中 顕―――居場所を求めた1人の女性

【殺人?自殺?幽霊?】〝ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子〟内藤 了―――自分が行った手口で死ぬ殺人者

【23年前の真実】〝幻夏〟太田 愛―――日本の冤罪に深く切り込む

【猫との推理ゲーム】〝猫には推理がよく似合う〟深木 章子―――お喋り猫の秘密とは

【誰の声?】〝ダレカガナカニイル…〟井上 夢人 ―――様々な要素を融合した一冊

【佐方の原点】〝検事の本懐〟柚月 裕子―――弁護士になる前の検事時代を描く

【いじめの記録】〝絶望ノート〟歌野 晶午―――いじめグループの死は神様の仕業?

【宝の地図を巡る冒険譚】〝銃とチョコレート〟乙 一―――少年は探偵と旅に出る

【記憶を消す怪人】〝記憶屋〟織守 きょうや―――感動のノスタルジックホラー

【恐怖の6編】〝などらきの首〟澤村 伊智―――比嘉姉妹シリーズ短編集!

【本屋大賞受賞作品】〝謎解きはディナーのあとで〟東川 篤哉―――毒舌執事のユーモアミステリ

【長い長い怪談】〝蛇棺葬・百蛇堂<怪談作家の語る話>〟三津田 信三―――田舎の葬儀で始まる怪異

【ロードレースの世界】〝サクリファイス〟近藤 史恵―――大藪春彦賞受賞作品!

【通り魔事件の真相】〝犯罪者〟太田 愛―――社会派ミステリの傑作

【正義の在処は】〝最後の証人〟柚月 裕子―――検事から弁護士に転身した男

【有栖川有栖の新シリーズ】〝濱地健三郎の霊なる事件簿〟有栖川 有栖―――幽霊が視える探偵登場!

【殺人鬼VS記憶障碍者】〝殺人鬼にまつわる備忘録〟小林 泰三―――記憶を失う男は戦う

【封印された記憶】〝七人の鬼ごっこ〟三津田 信三―――徐々に殺されて行く友人たち