雪だるまの本棚

本や自分の活動について発信します

小説の感想-外国の小説

【真相は誰の推理?】〝毒入りチョコレート事件〟アントニイ・バークリー―――多重推理小説の元祖

【新訳版で復活】〝Xの悲劇〟エラリー・クイーン―――語り継がれる傑作

【スウェーデンで生まれた傑作】〝ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女〟スティーグ・ラーソン―――第

【どうして容疑者に?】〝皇帝のかぎ煙草入れ〟ジョン・ディクスン・カー―――カーの傑作の1つ

【不屈の名作】〝ナイルに死す〟アガサ・クリスティー―――2020年に映画化される極上ミステリ

【2019年5冠達成!】〝カササギ殺人事件〟アンソニー・ホロヴィッツ―――ミステリファンへ愛溢れる作品